紹介せざるを得まい

京都市交通局のバス、通称市バスである。

画像はクリックで別窓拡大する。


この春ぐらいからこのラッピングバスが走ってるのは知ってたんだが、何となく紹介しそびれていた。

多分このアニメ、今放映中だから見たことのある人もいるだろうな。
(放送終了後追記:アニメ「有頂天家族」は2013年7月から9月まで放送された 。)


何度か自己紹介した通り、俺は京都の下鴨と言う土地で育ち、学生の頃は夷川に住んでいた。それだけに思い入れもひとしおなのだが・・・ま、取り敢えずPVでも紹介しておこう。








にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ   ←ブログランキング(常設)への応援よろしくお願いします。











            

俺ガイルからの悪しき連想

とあるアニメ・・・表題でしっかりネタ明かししてるが・・・のオープニングクレジットの部分だ。

画像はクリックで別窓拡大する。


何となく見流していて、ふと嫌なイメージがよぎった。

戻してもう一度見てみると原因が判った。




きっとこのイメージが識域下に形成されていたんだろうと思う。

ついでに公費を流用したのに、↑に副大臣にしてもらったおばさんの名前も浮かんできたり・・・あんまり良いアニメじゃないのかもな。(笑)






にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ   ←ブログランキング(常設)への応援よろしくお願いします。








今日の七十二候 7月12日 蓮始開
(はす、ひらきはじめる)




            

お気に入り

昨日は随分沢山のアクセスを頂いた。750を超えたのはこのブログシステムに移ってからでは最高か二番目ぐらいだと思う。読んで下さった皆さんには感謝申し上げる。関心の高いテーマだったからなのか、ただ単に偶然なのかは判らないが。^^;

と言う事で、今日は軽めに・・・久しぶりにお気に入りのアニソンを。

Parallel Hearts by FictionJunction



演者名のFictionJunctionと言うのは動画中でキーボードを演奏している40代半ばの女性アーティスト、梶浦由記女史のソロプロジェクト名だ。

ボーカリストは曲ごとに歌手を招聘してユニットを組んでいると言う。

この曲では

織田かおり
窪田啓子
大滝若菜
貝田由里子


の4人の歌手を迎えている。まぁ、結構好きなので・・・♪



え〜・・・これだけではなんか物足りないので、海外のデモチベーターを翻訳しただけのヤツでも一枚貼ってお茶を濁しておこう。w

デモチベーターはクリックで別窓拡大する。








にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ   ←ブログランキング(常設)への応援よろしくお願いします。











            

オトコってのは結局残念な存在

ということでアニメネタ。一応軍服らしきものを着てるからねぇ・・・

デモチベーターはクリックで別窓拡大する。


元ネタを知らない人のために・・・

[ Strike Witches ほうき ] 画像検索するか、

[ Strike Witches 2 第3話 ] で普通にググってくれ。






にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ   ←ブログランキング(常設)への応援よろしくお願いします。








今日の七十二候 4月15日 虹始見
(にじ、みえはじめる)




            

お似合い

とあるアニメを見ていたら突然こんなシーンが。

画像はクリックで別窓拡大する。


を名乗る身としては看過できないのでネタにさせてもらった。w

何のアニメかはわかる人だけ判ってくれ。^^;;;






にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ   ←ブログランキング(常設)への応援よろしくお願いします。











            

50周年

50周年である。おそらくなら現代の日本に大きな影響を与えたと言えるもののスタートから50周年だ。

これだ。


鉄腕アトム・鉄人28号をロボットイメージの根源に持っていた日本の子供たちと、アンドロイド・マリアやアシモフのロボットをイメージの根源に持っていた欧米の子供たちとでは、現実にロボットを作ろうとしたときの方向性がまるで違っていたとまで言われている。

日本がロボット製造において世界のトップに立ったのは、鉄腕アトムのおかげでフランケンシュタイン・コンプレックスに陥らなかったからだという説もあるぐらいだ。

あるいは鉄腕アトムを見て育った世代がアトムの世界を作ろうと頑張った成果が今の技術大国日本だとも。


そして、このテーマソング。もうずいぶん前から運動会などの定番の音楽になっていて、これを聞いてすぐにアニソンと言う言葉が結びつかないぐらいだろうと思う。

余談だが、00:21ぐらいに出てくる旅客機、カナードに前進翼と言うデザイン。旅客機としては作られなかったが、21年後の1984年にグラマン社からX-29と言う実験機として作られた。先見性もあったのかな。


そして50年後。昨年10-12月期のアニメから一曲。



歌手名義のPVの方にした理由は、この曲を主題歌にしているアニメ「通称:おにあい」を知っている人ならご理解いただけるだろう。

なんでわざわざこの作品を持ってくるかなって言うツッコミは却下。ネタとして面白いから持ってきただけだ。


ただ、お子様が見たりするのは好ましくないかもしれないし、大人でも朝昼の時間帯に見たくないと言う人がおられる恐れがあるから敢えて歌手名義のPVにした。もちろんアニメ本編もXやRレイテッドではないけどな。w

オープニングアニメを見たいと言う人はこちらで見てくれ。

50年の間にアニメはあさっての方向に進化したようだ。(笑)


という事で、同じ1963年、鉄腕アトムに遅れること3週間でスタートした有名番組がある。それに因むクラシック音楽でお口直しをしてもらって、今日はここまでにしよう。








にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ   ←ブログランキング(常設)への応援よろしくお願いします。











            

労災適用

海外のマンガ。

漫画はクリックで別窓拡大する。


グーで殴らないで。(涙)




フ、フライパンは痛い!(恐)

お仕事とは言え、死神も大変そうだねぇ。ちゃんと労災下りるんだろうか。(笑)






にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ   ←ブログランキング(常設)への応援よろしくお願いします。











            

間違い?間違いではない?

難しそうなタイトルではあるが、実はきわめてふにゃふにゃな内容だ。w

画像はクリックで別窓拡大する。


ちょっと色身の関係で見にくいいが、横文字表記の部分に注目。

Girls und Panzer

少女たちと戦車と言う意味だが、前半に注目して

Girls and Tank

にすべきだとか、後半に注目して

Mädchen und Panzer

なんてのがごく一部で話題になっていたらしい。


けど、英語からの外来語として、ドイツ語にも普通にGirlsと言う単語があるので元タイトルは間違っていない。(発音もほぼ同じ、ややLの発音が弱くなる程度。)

むしろ間違ってるのは女子高生を戦車に乗せることの方じゃないかと思ったり思わなかったり。ま、それを否定すると作品自体が成り立たなくなるんだけどね。(笑)




むしろ、undなのだから、アンドは間違いでウントと読んで欲しくはあったかな。^^;






にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ   ←ブログランキング(常設)への応援よろしくお願いします。











            

聖地になるか?

さっそくではあるが二枚の画像を。

画像はすべてクリックで別窓拡大する。




まぁ、モデルになっているとわかってもらえるだろう。


つい先週から始まった京都アニメーションのオリジナル作品、ほのぼの系商店街ファンタジー(何だそれは。w)

たまこまーけっと

のオープニングからキャプチャしたものである。




この商店街は以前にも紹介した

出町枡形商店街

だ。作中ではうさぎ山商店街ってことになっている。

場所はこのあたり。


大きな地図で見る



そしてこれが主人公の実家、餅屋「たまや」のモデルとされた「出町ふたば」である。もちろん名物の豆餅・豆大福も作中に登場する。


アニメはこんな感じ。(公式PV)


監督やキャラデザ以下、けいおん!のスタッフが名を連ねているので、お好きな人はそっちでも楽しめるかな。


と言う事で、今後作中に登場するかもしれないので取り敢えず商店街の中を撮影してきた。

作品のクレジットには正式に出町枡形商店街の名前があるので、お店の名前などはそのまま掲載してある。





























こんな感じだな。この喫茶店と、モデルの餅屋はアーケード街の中にはなく、交差する大通りに面している。



作中に銭湯のシーンがあったが、ちゃんと商店街から100メートルくらいのところに銭湯も存在している。ただ、モデルになった銭湯は全く別の場所にあるそうだ。




作品とは関係ないが、商店街にある餃子の王将。大変小さい支店だが、京都で学生をやったことのある50代半ばより若い人ならこの店を知らない人はいないだろう。

皿洗いをするとタダ飯を食わせてくれる、貧乏学生の強い味方なのだ。今でもこの制度を続けていてくれたことが何とも嬉しい。




さて、こっちはこの商店街の公式キャラクター加茂川マコトだ。
アニメの方の主人公北白川たまこ

タテマエ上、両者に関係はないようだが、どちらも京都の地名から取っている名字に仮名のファーストネームなので、インスパイアぐらいはあったんだろうな。


そうそう余談だが、主人公の通う学校にもモデルになっている学校がある。ただ、そちらは大変規律に厳しいミッションスクールなので、学校名などを知ったとしても行かないほうが良い。

どんなことで学校や生徒さん達に迷惑がかかるかわからないから、ファンの人たちは自重してほしいと思う。







にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ   ←ブログランキング(常設)への応援よろしくお願いします。











            

中国の侵略問題

尖閣諸島に中国が侵略行為を繰り返している件について、日本国内でも一部のどうしようもない連中が日本側が譲歩すべき点もあるなどとほざいている。

まぁ、大昔の学生運動の頃を思い出してみても、子供ってのが自国(=自分を管理監督する大人)を悪者にしたがる傾向ってのはいつの世も変わらないわけではあるが、ここに来て不惑を越えても子供気分の抜けない連中が目立つようになってきたのは困ったものだと思う。。

そこで道理の判った大人は子供たちに的確な情報を与えてやらなければならないわけだが、大人たちですら中国と戦端を開いてでも小さな島を死守しなければならない理由が判っていないように見える。

そこで子供にでも判る説明をしてみよう。

4コマ漫画はクリックで別窓拡大する。



もちろん戦端は相手に開かせるのが基本中の基本だ。だから中共は中古船やプロペラ機を使って領海領空侵犯を仕掛けてくる。海上保安庁は船には対応できるが、領空侵犯は自衛隊の仕事だ。

しかし小狡い中共は、それさえも軍事行動とこじつけてくる。

やりにくい相手だが、自衛隊も海上保安庁もじっと我慢して粛々と仕事をこなしてくれればいい。おそらく二年程度、上手く行けば2013年中にも人民解放軍が我慢しきれなくなって、中共の計画とは別行動を取ってくるだろう。そこから後は中国のと言うか中共体制の崩壊を見ているだけで良いのだ。

もちろん人民解放軍に日本に入って来させないだけの絶対的火力とその運用手順は必須だが、別に中国を侵略するほどの武力は必要ないだろう。






にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ   ←ブログランキング(常設)への応援よろしくお願いします。












 

アクセス数

7月のアクセス数: 72,798 
6月のアクセス数: 70,447 
累計アクセス数:3,028,703 
2013年4月1日〜2018年7月31日 


プロフィール


 管 
  

  
 
  スピンオフサイト: 

俺と糖尿病の15年戦争 
2015-09-29更新 



にほんブログ村最新記事

おすすめコンテンツ


カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

最近のコメント 10件


健康向上♪

 送料無料! 

iHerb なんと$40以上の購入で
・アメリカから送料無料!
・購入金額の5%off!!

↑終了日未定早い者勝ち!!↑

このバナーからの初回注文は
最大25%OFF!

表示中のエントリー

カテゴリー一覧

月別記事庫

記事情報

最後に更新した日:2018/09/26

サイト内検索

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM