インジケータ

いやはや連日暑いねぇ。まだ6月半ばだぜ、なのに京都じゃ35℃とか。この分じゃ8月になったら50℃とか、12月になった日にゃ80℃ぐらいになるんじゃないか。(笑)

ま、バカはほどほどにして、タチアオイの花。

画像は全部クリックで別窓拡大する。


ハイビスカスの近縁種だけあって、この色になるとさすがにちょっと暑苦しい。

でも、タチアオイは木であるハイビスカスと違って草である。そして、梅雨の進行具合を示してくれるインジケータにもなったりするのだ。




タチアオイの花は下から順番に開花してゆく。この草の場合、脇芽で開花したものを除いて、下の方の花はすでに終わり結実している。

で、上の図で示したような感じの進行具合で、全部開花したら梅雨明けということだ。




上の特に背が高いヤツ(3メートルくらいあった)が特別なのかと思って他の背の低い奴を見てみたのだが・・・




どうやら今年の梅雨は空梅雨のまま終わりそうだと花たちは思ってるみたいだな。






にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ   ←ブログランキング(常設)への応援よろしくお願いします。











            

120年に一度の不吉な出来事

本当は一昨日、6月6日ネタにできれば一番よかったんだが・・・英語で吉兆はラッキー・オーメン、凶兆はイル・オーメンだもんな。

で、その凶兆ってやつだが、これほど当てにならないものもない。と言うのも、この手の凶兆ってのは「記憶に根差した統計学的経験則」つまり

「凶兆の発生に続いて大きな災禍があった」


と言う経験の言い伝えが積み重なって生まれる。

で、記憶と記録の話だ。災害があったことはその災害が大きければ大きいほど後世まで語り継がれる。関東大震災の日は妙に蒸し暑かったらしい。だから今でも変に蒸す日は「地震でも来るんじゃないか」なんてことを言う人もいる。たった一回のサンプルが90年経っても、何らかの形で伝わっているほど関東大震災の恐怖が大きかったということだ。

一方、自然災害において「良いこと」とは「災害が起こらないこと」である。たとえば自然災害で一年間に一人の犠牲者も出ない年があったとしよう。これは滅多にない良いことだ。しかし、それが人の記憶に残るだろうか。そう、だから吉兆・瑞兆は極めてプライベートな内容か近代以前の政治的パフォーマンスを除いてはあまり取り沙汰されない。

つまりはそういうことだ。凶兆ってのは悪いことの方が記憶に残るから存在しているってことなんだよな。


さて、前置きが長くなった、本題に入ろう。

画像はクリックで別窓拡大する。


心霊写真ではない、ただの竹林の写真だ。(笑)

竹の種類は淡竹(はちく)呉竹(くれたけ)とも言う。たけのこはアクが少なくて美味しい♪。

で、真中の、ちょっと左に傾いた竹に注目だ。




凶兆の最たるものとして言い伝えられる現象。

竹が開花している

もちろん、この後この竹は枯死する、と言うかすでにかなり枯れかけている。おそらく、何年かかけて順次開花し、この竹林は全部枯れるだろう。

花が終わったら枯れてしまう一年草も多いが、竹は草なのでやはり花が終わったら枯れてしまうのだ。そして、数年かけてこの花からできた実(竹米と言うらしい)から芽吹き、竹林は再生されるのだとか。こうやって老化した個体を更新してゆくわけだ。




くちばし状の緑色の花からおしべが垂れ下がっている。イネ科の植物なので開花期間も短く、花も目立たない。

実は数日前の地元紙に開花したと言うニュースが載っていたので早速もそもそ出かけて行ったってわけだ。ただ、広い竹林の中に数十本しか開花していないそうなので、鑑賞にお出かけするのはあまりお勧めはできない。竹林へは立入禁止だし、道路から撮影できる場所にあったのはこれ一本だけだった。




それでも120年に一度しか咲かない淡竹の花、新聞に載っていた学者さんの話だと2020年代に開花する可能性は論じられていたそうで、この開花が口切りになる可能性は高いらしいので、これから各地で見られるのかもな。

孟宗竹は60〜70年、笹は40〜60年周期で開花するそうだが、淡竹・麻竹は120年周期だそうなので、近所で咲いたと言う情報があったら見ておくことをお勧めする。一生に一度どころか、一度も見られない人だって少なくないんだもんな。




これは竹林の隣に生えていて、竹林の中まですごく香ってきていた栗の花。こっちは毎年咲くし、今がさかり。なんちゅ〜かオトコにとってはビミョーな匂いなのだが・・・まぁ、秋が楽しみな花だから良いってことにしよう。






にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ   ←ブログランキング(常設)への応援よろしくお願いします。











            

正体見たり

よく行く公園にある大きな木。ずっとミズキだと思っていたのだが・・・

画像はクリックで別窓拡大する。


先日、花がたくさん咲いているのを見ていいなぁ♪って思ったのもつかの間、ミズキにしちゃ花が大きすぎないか。




近寄ってみたらヤマボウシだった。

ミズキの仲間だからまぁ良いようなもんだが、なんでミズキと思い込んでたのだろう。もしかすると近縁種のハナミズキと勘違いしたのが始まりなのかな。

で、ハナミズキより木が大きく花の時期も遅いので勝手にミズキだと判断したのかもしれない。いや、思い込みって怖い、もう10年ぐらい勘違いしたままだった。

思い込みついでに、この白いのは花弁じゃなくて総苞って部分だそうだ。ハナミズキやドクダミの花と同様、花本体は数ミリしかない小さなものなんだと。




こっちはまぎれもなくのタネ、豊作だな。w






にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ   ←ブログランキング(常設)への応援よろしくお願いします。











            

スーパーカー

1970年代のコンセプトカーという特集から拾ってきた。日本車で紹介されていたのは3車種だけ。

画像はクリックでちょっとだけ別窓拡大する。



1969年製 トヨタEX-3
デザインコンセプトカーなので諸元は不明。




1970年製 マツダRX-500
10Aロータリー(491cc×2ローター)搭載。
最高出力:250ps-up
L:4330mm×W:1720mm×H:1065mm
車輌重量:850kg
最高速度:250km/h




1978年製 童夢-零
Nissan L-28(SOHC 直6)搭載。
最高出力:145ps
L:3980mm×W:1770mm×H:980mm
車輌重量:920kg


実は学生時代、少しの間だが童夢本社が大学から近かった関係もあって時給380円でバイトしてた。この零からP2を起こす時だった・・・いやぁ懐かしいねぇ。











今日の二十四節季 6月5日 芒種
(ぼうしゅ)


今日の七十二候 6月5日 蟷螂生
(とうろうしょうず)




            

今は昔

さて、今日は芸能ネタにきわめて疎い俺が提供する芸能ネタだ。w

どのくらい疎いかと言うと、テレビで適当にドラマやバラエティ番組などを点けて、出演者の顔と名前が一致する割合がゼロに近いと言うレベルなのだ。orz

さて・・・俳優・武井穂郷さん(76)


写真をクリックすると45年ぐらい前の有名な配役の写真が別窓で開く。

いや、久しぶりにお顔を見たので嬉しくなって。昨年、トム・ハンクスとジュリア・ロバーツの幸せの教室に松谷教授と言う役で出演されていたと聞いたが、まだ観てないんだ。レンタル屋行かなくちゃ。

個性的な風貌だから今の写真からでも若いころの役が判る人は多いだろうな。特に・・・私信になっちゃうけど・・・ショウ1701さんには一発で。ww







にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ   ←ブログランキング(常設)への応援よろしくお願いします。











            

古いもの2

ずいぶん前に話していたブツだが、老母のマンションを掃除していて出てきた、俺が子供のころ使っていた地図帳だ。百科事典の別冊だったものだな。

奥付はクリックで別窓に全体が表示される。

45年前の初版だ。元の地図データはおそらく半世紀前ってことになるんだろう。

3,200円の定価ってことだが、消費者物価指数で比較してみると、現在の11,000円ぐらいの値打ちになるようだ。


世界の国名地図はクリックで別窓に全体が表示される。かなり大きいので注意。


全体像を見てみると、やはり半世紀経つと世界も随分変わるんだなぁと感慨深いものがある。この抜粋画像だけでも大きな変化がいくつも見て取れる


スキャナの性能の関係でイマイチいい画像じゃないが、俺の拙い解説より、実際に地図を見て半世紀前の世界を楽しんでくれ。






にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ   ←ブログランキング(常設)への応援よろしくお願いします。











            

古いもの

いろんなものが出てきた。

伊藤博文の千円札
とか岩倉具視の五百円札とか、板垣退助の百円札とか。
さらには国会議事堂の十円札とか二宮尊徳の一円札も出てきた。

お札はデータ化するといろいろ問題があるし、見本の文字や消しラインを入れる処理も面倒なので画像はなしで。


それと同時に戦前の絵ハガキも出てきた。多くは昭和のご大典記念のものだった。一枚だけスキャン画像を上げておく。

画像はクリックで別窓拡大する。


拡大すると読めるが、下のキャプションには

(御即位大礼奉祝の大阪)難波橋奉祝門のイルミネーション

と書かれている。昔っからイルミネーション好きだったんだな。w

と言うか昭和3年にイルミネーションって言う言葉が一般化していたことにびっくりだ。






にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ   ←ブログランキング(常設)への応援よろしくお願いします。











            

外国ナンバー

先日、京都市内で外国のナンバーを付けたバイクを見かけた。

必ず車体を本国に持って帰ることを条件に、輸入手続きを経ず一年間だけ外国で登録せずに自国のナンバーのまま自分の車を使える制度がある。もちろん条約締結国の間でだけだが。

話には聞いていたが、現物を見たのは初めてなのでちょっとうれしくなったりして。←ミーハー w

画像はクリックでバイク全体が表示される。


国際識別記号はCHCHILEでもCHINAでもない。チリはRepública de ChileからRCH、中国はそもそも国際識別記号の根拠になるジュネーブ交通条約に加盟していない。

だからこのCHは、コンフェデラチオ・ヘルベチカ(Confoederatio Helvetica)、すなわちスイスである。参考までに・・・日本は J だ。

調べたところナンバープレートのGEからまさに交通条約の名前にもなっているジュネーブナンバーと分かった。ボケていて見えにくいが右肩の紋章「司教の鍵と皇帝の鷲」はジュネーブの紋章で、現在は自治体章としても使われているそうだ。

左肩にはスイスの国章(赤い盾に白十字)があるはずなのだが、日本の自賠責保険のステッカーが貼ってあるので見えなかった。

バイクはBMWのRシリーズだな。






にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ   ←ブログランキング(常設)への応援よろしくお願いします。











            

いたずら

数日前、自称・日本の公共放送であるNHKのニュースで、「中国艦船による領海侵入と言っていた。

日本語では領海侵犯だろ。ちなみに中国語では侵入领海と言う。まったくどこの国の公共放送だよ。不法入国して渋谷にスパイ基地を設えてるのか。とりあえず代々木公園から迫撃砲で攻撃しても良いぞ。w


ま、気分の悪い放送局はCCTVやKCNAと同じだと片づけて、楽しいテレビの話題といこう。昨日の昼休み、面白い動画を見つけたのでご紹介。アメリカのテレビショーのようだ。

下のメニューバーの右側、最も中央寄りのボタンをクリックしてアノテーションを切っておいた方が見やすいと思う。

Part.1




Part.2



いやいや、良いノリだねぇ。つか、ガソリンスタンドでいきなり給油機に話しかけられたらびっくりするわな。

でも、「良い声だねぇ。」「おぅ、アリガトよ。」って、一瞬で仲良くなっちゃってるし。

にしてもこのカップル、良い雰囲気だな。w






にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ   ←ブログランキング(常設)への応援よろしくお願いします。











            

お化けが見える

以前から何度か話題に出している通り、俺は見えちゃいけないものが見えてしまう体質なのだ。


まぁ、大抵の場合妙に鮮明な幽霊と言う風情なのだが、場合によっては背景付きで出てきたり、TPOを弁えず冬の真昼間に出てきたりと節操のないこと極まりない。w

数は少ないが妖怪の類を見たこともある。まぁ、いずれにせよ俺の頭蓋骨の中に詰まってるのが脳クソであることが原因だろうから気にすることもない。

第一、生きてる人間と違ってこっちに危害を加えることもないから安心安全な存在だと言えよう。


ところが、ここ一か月ほど全く見なくなった。カミさんに「最近見えたって言わないよねぇ。」と言われて考えてみると、ひと月ぐらい見ていない。言ってみれば「ま〜幽さん、お・み・か・ぎ・り♪」状態だったのだ。

ある日突然幽霊の団体旅行に出くわす(笑)とか、どっかで入れ合わせを付けてくるんじゃないかとビミョーに不安もあったが放置していた。


そんな先週、車で二車線道路の右側車線を走っていて、ガードをくぐる道が少し坂になり始めた時、左側を走っていたワゴン車がウインカーを付けてこちらに膨らんできた

危ないなって思ってそっちを見ると、ガードの入り口から少し下った辺りの路肩に10トントラックが停車しているのがワゴン車越しに見える。なんともヤな場所に停めてやがるなとワゴン車をやり過ごしてもう一度そちらを見ると何もいない

前を見ても乗用車とか軽自動車ばかり。

数じゃなく体積で来たか。(笑) これまでいろんなお化けを見たけど、背景なしの本体だけで10トン車サイズってのは初めてだ。


ってことで画像なしも寂しいので大きいものがらみでデモチベーターを一枚。

デモチベーターはクリックで別窓拡大する。


しかしまぁ、挙動から見てワゴン車のドライバーも何かが見えていたのは確かだろうな。






にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ   ←ブログランキング(常設)への応援よろしくお願いします。












 

プロフィール


 管 
  

  
 
  スピンオフサイト: 

俺と糖尿病の15年戦争 
2015-09-29更新 



にほんブログ村最新記事

おすすめコンテンツ


カレンダー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

最近のコメント 10件


健康向上♪

 送料無料! 

iHerb なんと$40以上の購入で
・アメリカから送料無料!
・購入金額の5%off!!

↑終了日未定早い者勝ち!!↑

このバナーからの初回注文は
最大25%OFF!

表示中のエントリー

カテゴリー一覧

月別記事庫

記事情報

最後に更新した日:2019/01/24

サイト内検索

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM