分別

ごみの分別が始まってもうずいぶんになるが、可燃ごみ・不燃ごみの分別が最初だったせいもあって、いまだにごみの分別に混乱を生じていることも多いだろう。どこの街でも最近ではかなり細分化したごみの分別が行われているようだが、そのルールが街ごとに結構異なっているのが混乱を生んでいる。

京都市は学生の街って顔を持つ部分もあって、四月になるといつもごみのトラブルが後を絶たない。学生が横着なんじゃなくて、若者らしいまじめさで分別しているのだが、それが生まれ育った街のルールに則っているため、京都市のルールと一致しないことが多くの場合の原因である。

住民票を京都市に移すと、その際にごみの分別方法のパンフレットもくれるし、学生マンションは入居の際に有償のごみ袋のお試しセットを無償配布しているところも多いと聞くが、それでも身に付いた習慣ってやつはなかなか抜けにくいものだ。


画像はクリックで別窓拡大する。


京都市では定点収集(何曜日にどこの電柱の前って感じのごみ出し)におけるごみは4種類の分別でそれほど多種多様ってわけじゃない。その中でも上の黄色い袋は燃やすごみ専用の袋なのだが、これに入れるべき品種が多いのが京都市での混乱の原因なのだ。




一方、こっちは資源ごみ専用の袋でこれに入れるのは二種類だけだ。

缶・瓶・ペットボトル
プラスチック製容器包装

である。ところがのこ二つが割合混乱を招いている。まず上のほうだが、実は缶と瓶とペットボトルをまとめて一つの袋にぶち込んじゃってかまわないのである。入学転勤シーズンになると、律義に缶だけ、ペットボトルだけのごみ袋を街でよく見かける。まぁ、最小の物は5リットル袋で袋の容量単価は一定だから誰に迷惑がかかるわけでもないんでいいっちゃ良いんだけどね。

むしろ難儀なのは下のほうだ。次の三つの写真を見てくれ。



ゼリーが入っていたカップ。




100均で売っている仕分け容器。




食品保存用のシール容器。

材質はいずれもポリエチレンやポリプロピレンなどのポリオレフィン類である。にもかかわらず上の透明袋に入れていいのはゼリーのカップだけで、下の二つは燃えるごみの扱いなのだ。

これに近い不自然な分別が行われている自治体は少なくないだろう。というのも原因が法律にあるからである。ごみの分別収集とリサイクルを定めた、いわゆる容器包装リサイクル法において分別収集とリサイクルが義務付けられているプラスチック製品は

商品の容器及び包装であって、当該商品が費消され、又は当該商品と分離された場合に不要になるもの。

と定められている。

つまり全く同じ材質、同じリサイクルの可能なプラスチックであってもかつて他の商品をくるんでいたもの以外はリサイクルしなくてもいいというお墨付きを国が与えてしまっているわけなのだ。

まぁ、なんでこんな小学生にでも馬鹿にされそうなルールを作ったのかは、誰が経費の負担をして誰が儲けるのかという関係が存在するであろうことを考えれば想像に難くない。

本当の意味で環境のことを考えた法律は、政治屋とそれに餌を与える企業の連中を燃えるごみに出さない限り作られないんだろうな。






にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ   ←ブログランキング(常設)への応援よろしくお願いします。










今日の二十四節季 9月8日 白露(はくろ)
「陰気ようやく重なりて露にごりて白色となれば也」


今日の七十二候 9月8日 草露白
(そうろはく / くさにつゆしろし)





 

アクセス数

7月のアクセス数: 72,798 
6月のアクセス数: 70,447 
累計アクセス数:3,028,703 
2013年4月1日〜2018年7月31日 


プロフィール


 管 
  

  
 
  スピンオフサイト: 

俺と糖尿病の15年戦争 
2015-09-29更新 



にほんブログ村最新記事

おすすめコンテンツ


カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

最近のコメント 10件


健康向上♪

 送料無料! 

iHerb なんと$40以上の購入で
・アメリカから送料無料!
・購入金額の5%off!!

↑終了日未定早い者勝ち!!↑

このバナーからの初回注文は
最大25%OFF!

表示中のエントリー

カテゴリー一覧

月別記事庫

記事情報

最後に更新した日:2018/08/19

サイト内検索

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM