八坂神社 Part.3

さて、八坂神社の最終回だ。

なぜ、今日紹介する二社だけ別にしたかと言うと、この二社は珍しく北向きに建てられているからである。理由は良く判らないが。w

写真はすべてクリックで別窓拡大する。


末社・北向蛭子神社(きたむきえびすじんじゃ)

ご祭神は

事代主命
ことしろぬしのみこと


さまである。

通称、祇園のえべっさんと呼ばれているが、これは近隣に京都ゑびす神社があるので、その神社との混同を避けるためだ。






小ぶりだがなかなか味のある狛犬さんがいた。




末社・玉光稲荷社
(たまひかりいなりしゃ)

ご祭神は
 
宇迦之御魂神

うかのみたまのかみ

さまであることは論を待たない。

こちらの神社は、鳥居こそ北向きであるが途中で参道が90度近くに曲げられており、社殿自体は東向きに建っている。






この社殿は10年余り前に改築されていて、全体としてかなり新しい感じだ。この二体は御影石のお狐さまだがなぜかケージが掛けられている。

なんとなく直線的なデザインなので、勝手に動き出すメカでも仕込んであるとか。(笑)

ま、白御影なので落書き防止だろうな。




本殿前のお狐様たちがみんな招いているのが可愛い。^^




こちらは神馬舎である。




これは南東門。玉光稲荷社の横にある円山公園側の門だ。




狛犬さんもちゃんといる。こちらは吽形。




阿形の狛犬さんは、みなもと太郎の漫画に出てきそうな風貌だと思った。




これはおなじく円山公園側にある東北門だ。




これは北門。




そして、これがおそらく一番有名な西楼門

四条通の東の突き当りにある門である。




南楼門と同じく隋神さまがおられる。




阿形の隋神さま。




狛犬さんは青銅製の立派なものだ。




同じく青銅製の阿形。




西楼門の内側から四条通を望む。






この二体は、西楼門の内側にいる狛犬さんである。

ちょっと戻って、先ほどの楼門外に控えている青銅製の狛犬さんの足下を見てみよう。





奉納日の記載がある。

大正十五年十二月吉日

気づいただろうか。大正天皇が崩御されたのは大正十五年十二月二十五日、製造工程の関係だろうが、その月に属する日を指して吉日と呼ぶことになったってのは何とも微妙なものだな。




これは阿形の後ろ姿。




こっちは吽形の後ろ姿だが、遠くにローソンが見えている。






茶色ベースのマクドナルドや白地に黒文字の三菱東京UFJ銀行など、京都デザインの看板は数多くあるが、この祇園デザインのローソンは 京都の中でもここだけ 数が少ないので貴重かもしれない。

ご指摘を頂いたので訂正。同じ祇園、花見小路四条上るにあるローソンも同じデザインだそうだ。







にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ   ←ブログランキング(常設)への応援よろしくお願いします。









            

八坂神社 Part.2

さて、昨日の続きだ。

今日は摂末社群を紹介する。神社によく見られる摂末社だが、この神社の物は比較的規模が大きくしっかりした作りの物が多い。

写真はすべてクリックで別窓拡大する。


まずは神明鳥居がある末社・大神宮





中には神明造の祠が二つ。




そう、伊勢神宮の末社である。




この石灯籠は忠盛灯籠と言い、清盛の父平忠盛にちなむ物である。

白河院が寵妃の元に通った際に、雨の夜鬼火を見つけられ、供の忠盛に討ち取るよう命ぜられた。しかし、忠盛は正体を見極めてからと落ち着いて対応し、それが祇園の社僧であることが判明して事なきを得た。

この冷静な対応は忠盛の名声を高めたのであるが、この灯籠が当時の物と言われている。白河院は11〜12世紀の人物なので、この石灯籠もそのくらい古いと言う事なのだろう。





摂社・悪王子神社

本社の主祭神である素戔嗚尊さまの荒魂(あらみたま・神霊の恐い方の側面)をお祀りする神社である。今は社殿修復工事中で、ご神霊は御本殿に遷座されていると言う事だった。





末社・美御前社(うつくしごぜんしゃ)

名前の通り美の女神さまをお祀りしているので、祇園の芸妓・舞妓さんの信仰が篤い。御祭神は宗像三女神さま、すなわち

多岐理比売命 さま
たぎりひめのみこと

多岐津比売命 さま
たぎつひめのみこと

市杵島比売命 さま
いちきしまひめのみこと

の三柱である。




鳥居の脇にはこんなのもあった。飲用ではなく肌に付けてくれと言う事だ。




舞妓さんたちばかりでなく、美理容業界からの信仰も篤いらしい。




末社・日吉社

御祭神は

大山咋神 さま
おおやまくいのかみ

大物主神 さま
おおものぬしのかみ

である。

大山咋神さまは上七社の松尾大社、大物主神さまはやはり上七社の春日大社の主祭神様である。もちろん下八社の日吉大社のご祭神様とも名前は違えど同一だ。





社殿の基本形は一間社流造なのだが、孫庇と両脇の間が存在しているのが珍しい。




末社・刃物神社
。御祭神は鍛冶の神様である

天目一箇神
あめのまひとつのかみ


さまだ。




この神社のご神体は、拝殿の後ろにある石碑で、御本殿は存在しない。




これは末社・五社。平入五間社の社殿に五つの神社が祀られている。

  1. 誉田別尊(ほむたわけのみこと)さまをお祀りする八幡社
  2. 奥津日子神(おきつひこのかみ)さまと奥津比売神(おきつひめのかみ)さまをお祀りする竈神社
  3. 天御柱命(あめのみはしらのみこと)さまと国御柱命(くにのみはしらのみこと)さまをお祀りする風神社
  4. 少彦名命(すくなひこなのみこと)さまをお祀りする天神社
  5. 高龗神(たかおかみのかみ)さまと罔象女神(みずはのめのかみ)さまをお祀りする水神社

の五社である。




これは神社関係者の霊をお祀りする祖霊社。




こちらは宗像三女神のうちの一柱

市杵島比売命
いちきしまひめのみこと

をお祀りする末社・厳島社である。




末社・十社だ。上で紹介した五社と同じように、十社が祀られている。え〜・・・説明は読む方も書く方も一仕事だな。(笑)

  1. 伊邪那岐命(いざなぎのみこと)さまをお祀りする多賀社
  2. 伊邪那美命(いざなみのみこと)さまをお祀りする熊野社
  3. 白山比很(しらやまひめのかみ)さま:【菊理媛神(くくりひめのかみ)さまと同一神】をお祀りする白山社
  4. 伊邪那美命(いざなみのみこと)さまと、火産霊命(ほむすびのみこと)さま:【伊邪那美命さまの死因となった火傷の原因である迦具土神(かぐつちのかみ)さまと同一神】をお祀りする愛宕社
  5. 金山彦命(かなやまひこのみこと)さまと、磐長比売命(いわながひめのみこと)さまをお祀りする金峰社
  6. 天児屋根命(あめのこやねのみこと)さま:【神仏習合時代の春日権現】、武甕槌神(たけみかづちのかみ)さま、斎主神(いわいぬしのかみ)さま、比売神(ひめかみ)さまをお祀りする春日社
  7. 経津主神(ふつぬしのかみ)さま:【上記の斎主神さまと同一神】をお祀りする香取社
  8. 健御名方神(たけみなかたのかみ)さまをお祀りする諏訪社
  9. 大山咋命(おおやまくいのみこと)さまをお祀りする松尾社
  10. 健磐龍神(たけいわたつのかみ)、阿蘇都比很(あそつひめのみこと)、速甕玉命(はやみかたまのみこと)さまをお祀りする阿蘇社

の以上十社である。



末社・大年社

御祭神は

大年神 さま
おおとしのかみ

巷社神 さま
ちまたやしろのかみ

である。例祭が二月三日なので節分の神とも呼ばれているらしい。




末社・大国主社

御祭神は

大国主命 さま
おおくにぬしのみこと

事代主命 さま
ことしろぬしのみこと

少彦名命 さま
すくなひこなのみこと

である。




摂社・疫神社

御祭神は蘇民将来(そみんしょうらい)

民間伝承伝説に有名な人である。




末社・太田神社/白髭神社

御祭神は

猿田彦命 さま
さるたひこのみこと

天鈿女命 さま
あめのうずめのみこと

だ。

さて、あとの末社は稲荷社と蛭子社があるが、他の門などとともに明日紹介しよう。






にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ   ←ブログランキング(常設)への応援よろしくお願いします。










 


プロフィール


 管 
  

  
 
  スピンオフサイト: 

俺と糖尿病の15年戦争 
2015-09-29更新 



にほんブログ村最新記事

おすすめコンテンツ


カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>


最近のコメント 10件



健康向上♪

 送料無料! 

iHerb なんと$40以上の購入で
・アメリカから送料無料!
・購入金額の5%off!!

↑終了日未定早い者勝ち!!↑

このバナーからの初回注文は
最大25%OFF!

表示中のエントリー

カテゴリー一覧

月別記事庫

記事情報

最後に更新した日:2020/01/25

サイト内検索

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM