ブロッコリーを料理

ブロッコリーのエントリとは言っても、最近よく宣伝を見る怪しげな健康食品のことではないし、ましてやゲマズの元親会社でもない。←一般人に判らんネタを振るな。w

普通に八百屋で売ってるキノコ型の、茎の付いたでっかいつぼみだ。

糖尿病サイトの方でも例示するのに利用したのだが、ブロッコリーは炭水化物の含有量に対して糖質の割合が低い野菜なのだ。その割にはカロリーがそこそこある。

ちょっと比較してみよう。
 種類  カロリー 
 炭水化物  炭水化物のうち糖質 
 脂質 
 蛋白質 
 にんじん 37kcal 
9.1g  6.4g  0.1g  0.6g 
 たまねぎ 37kcal  8.8g  7.2g  0.1g  1.0g 
 ブロッコリ  33kcal  5.2g 0.8g  0.5g 4.3g 
 パプリカ 30kcal 7.2g  5.6g  0.2g 1.0g 
 キャベツ 23kcal  5.2g  3.8g  0.2g 1.3g 
いずれも生の状態、可食部100gあたりのデータである。

炭水化物の含有量の多めの野菜では、このように含まれる炭水化物の70〜80%程度が糖質ということもある。白ごはんのように99%以上が糖質と言うわけではないものの、野菜だからと言って油断はできないかもな

一方、サラダ菜やうまい菜(スイスチャード)、このブロッコリなどは含有炭水化物の10〜20%程度しか糖質は含まれていない。サラダ菜は炭水化物の全体量も少ないが、うまい菜はブロッコリと同じく炭水化物は多いが糖質の少ない野菜なので、煮物にして食べるのも良いかもな。

余談だが、スイスチャード/不断草を「うまい菜」と言うのは大阪弁で、京言葉では「唐萵苣(とうぢしゃ/たうぢさ)」と言ったらしい。しかし、レタス類など洋菜のチシャ系統の野菜が増えたからか、現在では京都でもうまい菜と呼ぶ方が一般的だと思う。

まぁ、ブロッコリは美味しいけど、茹でてマヨネーズとかシチューと煮込むとかステーキのお添え物程度しか思いつかないって人に、俺のお気に入り料理を一つ。ぶっちゃけ料理なんかできないっていうオヤジ連中でも多分片手間に作れるんじゃないかな。必要な道具は包丁と電子レンジ、あとは適当な耐熱容器だけだ。その気になれば包丁なしでもいけるかな。w



画像は全部クリックで別窓拡大する。



え〜、ブッコロリ・・・じゃなくてブロッコリ

中くらいのを2株で500グラムあった。これで一人前だ。だからブロッコリが高い時にはお勧めできない。これは1株108円だった。できれば100円を切っていてほしかったんだけどね。




耐熱容器。今回はラーメン丼パイ皿を用意した。別に二種類準備しなくても大は小を兼ねるってやっても良いぜ。




ブロッコリを適当な大きさに切って全部ラーメンどんぶりに入れる。そしてラップでもお皿でも良いので上に乗っけて電子レンジで加熱。10分くらい加熱したらフタをとってかき回し、今度は蓋をせずにさらに10分くらい加熱する。

俺は750Wの物を使っているが、家にある電子レンジのパワーに合わせて適当に加減してくれ。フタを取る時、吹き出す蒸気で火傷しないように注意な。




全体が干からびて、なんとなく焦げっぽくなったらOK。レンジから取り出してくれ。この段階で重さも嵩もだいたい半分以下になっているはずだ。この撮影時には500g→235gだった。




食べやすいようにパイ皿に移して平たくならす。面倒なら加熱した容器のままで問題ない。




でもってチーズ。今回は西友で賞味期限近しで安売りしていたモントレージャックチーズ。加熱で熔けやすいナチュラルチーズならチーズの種類は問わないが、とろけるチーズやピザ用チーズなどのプロセスチーズはあまりお勧めできない。美味しくないだけでなく、モノによっては糖質量が多少気になる場合があるからだ。

それと・・・加熱すると臭いチーズは周囲の人に気を遣ってくれ。(笑)




40グラムをスライスして上に並べた。野菜の熱である程度は熔けるが、チーズの質によっては熔けにくいかもしれないので、その場合は2〜30秒電子レンジ加熱すればいいだろう。

栄養評価をしてみよう。

完成重量:275グラム
カロリー:307.9kcal
炭水化物:26.0グラム
(糖質): 4.0グラム
脂 質 :14.5グラム
蛋白質 :28.7グラム


PFCバランスはほぼ35%:33%:32%になる。

チーズ使っている分どうしても脂質・蛋白質は多めになるが、合わせる他のメニューで調整すれば良いだろうし、日本医師会が薦められないと言っている「極端な炭水化物の減量」にはあたらず、許容されうる「個人の嗜好や健康状態による偏差」に含んでも良いんじゃないだろうか。

あ、そうそう、味付けのことを忘れていた。

栄養成分を見てもらうと判るとおり、ブロッコリと言うのはかなり多くのたんぱく質を含んでいるので水分を抜くと味が凝縮されて非常に旨味が出る。さらにはこのボリュームだとブロッコリには0.5グラム程度の塩分も自然に含まれているし、チーズの味もあるからこのままでも十分美味しいのだが、物足りなければお勧めは塩とタバスコかな。

ちょっと時間と電気が必要だが、美味しくするためには電子レンジが最適だ。次善の策としてオーブンかな。フライパンで空炒めするとどうしても美味しい成分が抜けて焦げになってしまう。オーブンでも水分が抜ける前に焦げることが多いので電子レンジがベストだと思う。

そうそう、このエントリもそのうち糖尿病サイトでも紹介することにしよう。






にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ   ←ブログランキング(常設)への応援よろしくお願いします。











            

花背神社

実は、今日の神社のお名前は通称であって正式なものは判らない。地図などにもこう書かれてはいるのだが、社号標も扁額も御由緒書きもないのだ。

京都の奥座敷と呼ばれる鞍馬からまだ峠を越えて20キロ、花背の大布施と言う土地にこの神社はある。普段ならここまで足を延ばすこともないのだが、たまたまこのさらに奥の土地に所用で出かけたので参拝してきた。

画像はすべてクリックで別窓拡大する。


山深いところ、杉の木に囲まれた曲がり角にこの神社はある。




正面には白木丸太の神明式鳥居




鳥居をくぐるとすぐに苔生した手水鉢があった。




拝殿。湿気の多い場所だけに傷みが速そうだが、それでもちゃんと手入れされている。




ご本殿

ちょっと変わった形式で、杮葺二間社流造なのだが、覆屋が一体化して組み込まれている。普通なら覆屋はそれ自体が独立した建物で、その中にご本殿が収まるのだが、この社殿の場合、銅葺きの直線的な屋根が流造の曲線的な屋根の上に直接乗っかっている。

このあたりは京都とは言え雪深いところなのでその対策なのかもしれない。






大神宮の名が彫られた灯篭に二坐が並立している形式、さらには正面の神明式鳥居から見てほぼ間違いなく

天照大神 さま
あまてらすおおみかみ


豊受大神 さま
とようけおおかみ


の二柱をお伊勢さんから勧請、ご祭神としている神社なのだろう。




ご本殿の裏側には菊の御紋もあった。




ご本殿裏側はすぐに崖、下は谷川だ。




末社・春日社






いずれも流見世棚造ながら、一つは一社、もう一つは三社造りなので、おそらく二つのお社で合わせて春日神四柱をお祀りしているのだろうと思う。




この花背と言う土地は京都市内ながらかなり山奥で、冬にはスノーモービルが活躍するようなお土地柄だから秋の訪れは早い。

なので紅葉を期待していたのだが、イマイチ進んでいなかった。




それに林業の集落なので杉の木を中心に針葉樹が多いんだよな。




それでもまぁ・・・一応色づいている木はあった。




ただ、アングルのマジックで上のように見せてるだけで、実態はこんな感じだった。今月末から来月くらいにもう一度行くことになるかもしれないので、もし行ったらもう少しは紅葉の写真を撮ってこようと思う。






にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ   ←ブログランキング(常設)への応援よろしくお願いします。










 


プロフィール


 管 
  

  
 
  スピンオフサイト: 

俺と糖尿病の15年戦争 
2015-09-29更新 



にほんブログ村最新記事

おすすめコンテンツ


カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>


最近のコメント 10件



健康向上♪

 送料無料! 

iHerb なんと$40以上の購入で
・アメリカから送料無料!
・購入金額の5%off!!

↑終了日未定早い者勝ち!!↑

このバナーからの初回注文は
最大25%OFF!

表示中のエントリー

カテゴリー一覧

月別記事庫

記事情報

最後に更新した日:2020/06/02

サイト内検索

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM