乖離

昨日のお昼前のデータ。

こっち↓はいつも見てもらってるアクセスカウンタだ。

アクセスカウンタ
今日の画像はクリック拡大しない。

そして、↓は、同時刻のアクセス解析データである。


アクセス解析データ


まだこのブログに引っ越して2ヶ月だから、合計数はそのまま総アクセス数になる。
この乖離っぷりはなんなんだろうな。w

ユニークアクセスとページビューの差ではない。どちらもページビューカウントにしてあるのだ。しかもページビューカウントをしているアクセスカウンタよりもアクセスログに残っているユニークユーザ数の方が多いという逆転現象も起こっている。


このブログは俺の持っているドメインで運営しているが、中身はみんなのブログポータル JUGEMのシステムだ。でもって、ここにはアクセス解析のサービスはあっても、なぜかアクセスカウンタのサービスがない

仕方なく、JUGEMが推奨している外部カウンタをブログパーツとして組み込んでいるのだが、その結果がこれだ。


原因の一つはスマホ用のページにある。

PC用のページと携帯電話用のページにはこのアクセスカウンタを張り付けてあるが、スマホ用のページはユーザからソースをいじれないのでこのカウンタにアクセスが反映されない。

以前は携帯用のページもダメだったが、最近はxhtml形式に変更したのでこちらの問題は解消した。


それでも、アクセス数とアクセスカウンタの間には大きな開きがある。この原因は画像表示の問題なのだ。

ブログのシステムが走っているサーバでアクセスを監視する場合、閲覧者のブラウザからブログ表示用のデータリクエストがあった段階でそのリスエスト数を読めばアクセス数がカウントできるので、より正確なアクセス数の把握が可能だ。この時にカウントされる数がページビューと呼ばれる数値である。

また、一定の条件を定めて(たとえば同一1時間以内とか連続してなど)同じIPアドレスからあったリクエストはカウントしないようにすることもできる。こうすることで同一ユーザによるリクエストの重複カウントを減らすこともできるのだ。これがユニークユーザ数と呼ばれるものである。

ところが、外部カウンタを使うとなると、ほとんどの場合アクセスカウンタの画像を呼び出した時に、そのリクエスト数またはサーバが送り出すhttpレスポンスの200番コードの数を読んでいる。

だから読み出しエラーがあったりした場合はもちろんだが、検索エンジンやpingを受け取った別のブログシステムなどがブログを読みに来ても、基本的に画像データ全般やカウンタと思しきデータは読まないように設定されているため、アクセス解析には記録が残ってもアクセスカウンタには反映されないという事になる。


実際のところ、毎朝エントリをアップすると、その時同時にいくつかのブログシステムやブログ紹介サイトへpingが撃たれる。それに呼応するようにすぐアクセスがあるようだ。

1時間ごとに更新されるアクセス解析には、更新した時間帯にアクセスがたくさんあるのに、アクセスカウンタはほとんど上がっていないのでこの考え方は間違いないだろう。

今まで60日ほどで65件のエントリを書いている。それに対して8件のpingを撃っているので、それに対して全部確認アクセスがあったとすれば最低520アクセスはカウンタに反映されていないことになる。

さらに期間中約1000件のスマホアクセスと800件のカウンタが反映しない携帯アクセスがあった模様だ。

これを差し引いてもまだ2500アクセスぐらいの誤差が発生しているが、ユニークアクセスだけで見ると400ぐらいの差になるので、それは検索エンジンが巡回した痕跡なのかもしれない。


まぁ、検索エンジンやブログシステムなどはデータ収集だけが目的なので、ブログを読んでもらってると言う感じではない。

スマホが反映されないのはちょっとさみしいが、今の画像カウンタの方が実際に読んで下さっている人の数が見える分、実態に近いのかもしれないと納得しておくことにしよう。






にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ   ←ブログランキング(常設)への応援よろしくお願いします。







            

賀茂御祖神社(下鴨神社) 後編

さて昨日の続きだ。



本殿のある山城一の宮から中門を出て、東側にある小川
今は水がほとんどないが、これは水位を調整しているからである。夏場には大人のひざぐらいの深さがある。




その先は行き止まりになっていてお社がある。このお社の下から地下水が湧きだして小川になって行くのだ。地下水を湧出させるとこの部分は水がためられて池になり

御手洗池
みたらしいけ


と呼ばれる。
夏の土用に御手洗祭の神事が行われる他、葵祭の大事な神事

斎王代禊の儀
さいおうだいみそぎのぎ


が行われる場所でもある。

葵祭は上賀茂・下鴨の両賀茂神社で行われる伝統の祭りなので、この禊の神事も一年おきに交代で行われる。こちらの神社では西暦奇数年に行われることになっているのだ。

ちなみに、葵祭は西暦544年から賀茂氏の氏族祭として行われていて、その後荒天鎮めの勅願があったりして、130年ぐらい後の白鳳時代に勅祭になったという。





え〜・・・見ての通り

さざれ石

である。巌となる途中のようだ。w





神服殿




こんなのをやっていた。

ジブリはともかく、普段見ることのできない神服殿の中を見られるのなら1200円は惜しくないかとも思ったが、時間がなかったので涙をのんだ・・・コトにしておこう。orz





ちはやぶる 賀茂のやしろの 姫小松
  よろづ世ふとも 色はかはらじ


古今和歌集にも詠まれた媛小松である。名前はご祭神玉依媛命に由来することは言うまでもない。





これは

解除所
げじょのところ


である。天皇陛下が行幸などでお越しの際にお祓いを受けられる場所である。神社の説明によると、常設の解除所は他に類を見ないらしい。




御車舎の横を通りかかったら、牛車が停めてあるのが見えたので一枚。




これは馬場

表参道に並行して走る500メートルのストレート。
葵祭の前儀として行われる

流鏑馬神事
やぶさめしんじ

のステージである。




これは表参道と馬場の間を流れる瀬見の小川




こちらは発掘調査によって糺の森の中から出てきた古代の神社の遺構




参道や馬場になっていない、鎮守の杜としての糺の森はこんな感じだ。




こっちは北端西側にある西参道の鳥居。

ここから表通りに出るとみたらし団子発祥のお店、加茂みたらし茶屋がある。さすがに糖質量が半端ないので今回は見送った。




世界文化遺産の石碑。この西参道と表参道の二か所にある。




西参道駐車場。

日本の神様は古典と由緒だけにおられるのではない。
常に最先端にもおられるのだ。






にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ   ←ブログランキング(常設)への応援よろしくお願いします。








 

アクセス数

7月のアクセス数: 72,798 
6月のアクセス数: 70,447 
累計アクセス数:3,028,703 
2013年4月1日〜2018年7月31日 


プロフィール


 管 
  

  
 
  スピンオフサイト: 

俺と糖尿病の15年戦争 
2015-09-29更新 



にほんブログ村最新記事

おすすめコンテンツ


カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

最近のコメント 10件


健康向上♪

 送料無料! 

iHerb なんと$40以上の購入で
・アメリカから送料無料!
・購入金額の5%off!!

↑終了日未定早い者勝ち!!↑

このバナーからの初回注文は
最大25%OFF!

表示中のエントリー

カテゴリー一覧

月別記事庫

記事情報

最後に更新した日:2018/11/16

サイト内検索

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM