所変われば

冷蔵庫の中でサントリーの烏龍茶が横たわっているのを発見した。

いや、9月に中国に行ったとき、向こうで何本か買って残った一本を持って帰ってきたヤツだ。冷蔵庫に入れてそのまま忘れていた。

賞味期限はどうかなってボトルキャップの横を見ると

20120324

と書いてある。あ、こりゃダメだと思って捨てかけて思い出した。

中国では製造年月日表示だった。ラベルを見ると賞味期限は製造から12か月と書いてある。まだいけるじゃん。


で、おもむろに封を切って飲もうとしたら、飲み口の内側が茶色くなっている。不審に思って中身を全部コップに移してみた。


画像はクリックで別窓拡大する。





思いっきり沈澱してるし。^^;

いや、まぁお茶なんだからある程度の沈澱はやむを得ないが、さすがにこれは拙いだろう。

しかもいつもの癖で開封前には軽く振ってるし。


いったい何が入ってたんだと思ってラベルを見る。原材料名には・・・

乌龙茶叶  : 烏龍茶葉
食品添加剂 
: 食品添加物
维生素C)
: (ビタミンC)
(碳酸氢钠)
: (炭酸水素ナトリウム)
乌龙茶粉  : 烏龍茶粉

特におかしなものは入ってない。で、気になったのでコンビニへ。日本のサントリーのウーロン茶を買ってくる。(笑) 原材料名は・・・

烏龍茶
ビタミンC

単純明快。中国サントリーのは重曹や烏龍茶粉ってのが意味不明なのだが、その辺りの悪影響なのかな。あるいは単純にフィルタリングの技術の問題なのか・・・でもまぁ、いつも知り合いの中国人が口癖にしている

日本製品は日本に行って買うに限る。

と言う言葉の真実を見たような気がした。そうそう、件の中身だが・・・そのまま流しに捨てた。^^;






にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ   ←ブログランキング(常設)への応援よろしくお願いします。











            

今回の在庫はここまで

尖閣問題も絡んで中国での仕事が思うように進まない。
と言う事で次回の訪中はいつになるやら・・・

年内にもう一度行くことがあればラッキーってところかな。

そう言えば、いつも評判が良い食べ物ネタを今回は一回もやってないような気がする。
実務が忙しくて宴会がなかったせいでもあるのだが、何か一つぐらいは欲しいところだよな。

と言う事で・・・山東省名物
三鮮餃子

写真はクリックで別窓拡大する。



三鮮ってのは肉・野菜・海鮮、この餃子には豚肉と海老とニラが入っている。
一個の大きさは日本で食べる焼餃子ぐらいかやや大きい。

現場近くの安い飯屋で食べた物だ。
これひと皿が一人前でお値段は10元(約125円)

水餃子は皮が分厚いので俺は控えめにしておいたが、いくらでも食べられそうなあっさりした料理だ。


と言う事で、明日からは通常営業に戻る。






にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ   ←ブログランキング(常設)への応援よろしくお願いします。







            

尖閣諸島問題は中国崩壊のきっかけになるのか

ちょっと時間が早いが、今日9月16日の新規エントリだ。

実は先日帰国した翌日に俺が訪問していた街で反日デモがあったのだ。
まぁ、ちょっと意外な感がなかったわけではないが、たまにはそう言う事もあるさとタカをくくっていた。

しかし、現地スタッフによると事件こそ起こっていないものの、かなり不穏な空気が流れているという。中国に普段行き来している身としては意見の一つも書いておかなきゃならんかなと思ったので、私見をまとめてみよう。

飽くまで個人の意見で確たるニュースソースがあるわけでも、中国学の権威が書く文章でもないので、気楽に読んでくれ。また、俺の予想通りに事が運ぶとは限らないので外れても笑って許してほしい。

と言う事で本論だ。

まず、中国が尖閣諸島の領有権を主張するのはただのカツアゲで何の理論的根拠もない。

ちょっと前には「歴史的にも中国の物だ」などと言っていたら、以前に紹介したような中華民国時代の書類が出てきちゃった。

そこで、サンフランシスコ平和条約が国際法違反だというトンデモ理論が今の中共のトレンドらしい。(笑)

でも、1970年前後まで、中国も台湾も尖閣諸島が日本の領土だという地図を発行しており、言った尻からウソがばれている。まぁ、小学生低学年のウソのレベルだな。


実は中国だって尖閣諸島が日本の領土だなんてことは百も承知なのだ。でも、日本は土下座外交の国だから、上手くたらしこめば海底資源ごと尖閣諸島を奪い取れるかもしれないという考えが国家資源部から生まれた。

しかもその考えが「尖閣諸島は日本の物ではない」と言う事を前提に人民解放軍の中でも広がったってことだな。

つまり、ウソを言って、自分がその嘘に騙されるという典型的な例だ。


軍がらみは脳筋と自尊心だけで成り立っている軍部のことだからある程度自発的だと考えても仕方がなかろう。

しかし、反日デモを作っている共産党指導部の狙いは別にある。

多くの人の予想通り、国内で民衆の間に高まっている不満のはけ口を外に向けるための物なのだ。無能な政治家が国をまとめるには共通の敵を作ればいいと言う事である。

しかし、これまでにもみられたこの手の手法だが、反日デモの規模などを見るとちょっと様相がおかしい。一体ベースには何があるのだろうか。


第四世代と言われる胡錦濤国家主席はあと半年ほどで任期を満了する。

後を継ぐのは第五世代と言われる政治局員たちで、国家主席候補の最右翼は習近平国家副主席で、時期国家主席にほぼ確定していると言って差し支えない。

第五世代で二番目に力のある李克強第一副首相は、おそらく温家宝国務院総理の後を継ぐだろうと噂されている。

実力はナンバー3の李源潮共産党中央組織部長はそれほどプレゼンスがない。

問題はナンバー4と言われる薄熙来中央政治局委員だ。

ニュースなどで見たことのある人もいるだろうが、彼は今年の春、部下や家族、そして本人に対する汚職や殺人などさまざまな疑いで重慶市書記を解任され、政治局の職務も停止中である。

彼は他のエリート政治局員たちとは異なり、地方政府の市長や書記の職にあった頃、貧しい一般人民の視点で政治をするという事で、市民の人気が非常に高い人物である。

それだけに彼が失脚した時は習近平氏の国家主席就任の妨げにならないよう排除されたのではないかと言ううわさもあったようだ。


そして注目すべきはその習近平氏の消息がこの一ヶ月ほど途絶えている事である。

テニス中に負傷したという事から悪性腫瘍で手術入院しているという物まで様々な憶測が飛び交っているが事の次第が全く見えてこない。

うわさスズメの飛びかう中国のネットは極端な検閲が行われており、習近平の名はおろか、あだ名や隠語ですらすぐに削除されてしまうらしい。

現在生きている隠語は「who」が胡錦濤、「she」が習近平を指すらしいが、いつまで無事に使えるのかはいささか疑問である。(中国語読みで「胡」は「フー」、「習」は「シー」なのだ。)

その辺りから推し量ると、薄熙来氏のシンパによって習近平氏の身に危害が加えられたのではないかと言う憶測が出てくる。

普通ならそんな事件があれば大ニュースだが、中国と言う国は政府要人の健康状態の悪化を公言することを極端に嫌う傾向がある。現在秋の全人代が近く、次の春の全人代で国家主席に就任する予定の習近平氏がテレビなどに出てこないと中国人は違和感を覚える。

ネットでは少し前からうわさになり始めていたのだが先にあげたように検閲が厳しくなってその話題が出せないらしい。しかも日本のNHKの国際放送が習近平氏の話題を始めたとたん電波妨害が入ってブラックアウトした事もあった。

まぁ、何でも混ぜるのは危険だが、今回の反日デモを企画した中国政府にはそうした政治局内部のゴタゴタを表に出さないことが主目的ではないかと思うのだ。


中国人は飯時の話題にでも政治談議をするのが好きな国民で、よく意味不明の議論をやっている姿を見かける。しかし、一方で飽きっぽい国民なので10月1日の国慶節を過ぎればきれいさっぱり忘れている可能性もある。

おそらく中国政府はその辺を当て込んで9月は反日月間程度の動きをしているのだとは思う。

しかし北京でのデモが1万人規模に膨れ上がり、青島でもジャスコの略奪が起こるようでは、中央政府のコントロールが効かない状況が出来しつつあるようだ。

集団化した人民は常に政府批判へとその矛先を変える。もともとが政府に不満があるから反日をしている連中だからそれは必然と言っても良い。

いや、ぶっちゃけ連中のほとんどは日本などに興味はない、尖閣諸島なんて太平洋の真ん中ぐらいに思っていてもおかしくない連中なのだ。だから一旦デモ隊が政府批判に向かうと第3次天安門事件が起こりかねない。


正直なところ中国とビジネスをしている身としてはこうした状況は面白くないのだが、一度膿を出しきらないとあの国はいつまでたっても巨大な後進国のままって気がする。

日本人として見た場合、核ミサイルを持った後進国なんてのが隣にあるのは嬉しくない。中国が中国国民のために生まれ変わって、日本の良き隣人になってくれることを願うばかりだ。






にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ   ←ブログランキング(常設)への応援よろしくお願いします。







            

夜の威海

たまには夜の街に出かけてみよう。

写真は全部クリックで別窓拡大する。



比比客鶏・・・バーベキューチキンってどんなのか、一度食べてみたいと思いつつまだ一度も入った事がない。

上に見えるハングル表記の店、中国名は真利味と言うのだが、ここの辛い鍋が旨くって、ついそっちへ行っちゃうんだよな。

真利味、中国語ではチェンリーウェイと読むのだが、仲間内では「まりみ」って呼んでる。w




明洞刀切面・・・
パスタのふるさと山西省の刀削面なら知ってるが。

そもそもひっぱり伸ばす文字通りの拉麺や刀削面のように専用の刀で削ったり製麺機を使うのでない限り、普通麺と言うのは平打ちした生地を刀(包丁)で切って作らないか?

つか、明洞って、韓国のミョンドンのことだよな。韓国のことは詳しくないが、明洞と言えば北朝鮮風の冷麺ぐらいしか有名な麺は聞いた事がないぞ。




韓国のことを笑ってばかりもいられない。
UBC上島珈琲だ。w

実はこの喫茶店チェーン、もとは日中国交回復前の1960年代に台湾で創業されたお店なのだ。
もちろん神戸のUCC上島珈琲(UCCコーヒー)とは何の関係もない

その後、大陸へ進出したが台湾本社との関係は切れて、現在は上海に本社を置く中国のコーヒーチェーンである。

食事もできるし、生演奏のサービスなどもあって雰囲気は悪くないが、コーヒーは高くて不味い




繁華街の喧騒を抜けて、川のほとりへ。
結構いい感じだが昼間に見ると水は汚れている。


そこから少し行ったところにある、俺の知っている店でまだ仮営業中のパブ。



酒吧(ジュォバー)
中国語ではバーもパブもスナックも酒場も、全部これ一言で片付けられる。w





マスターは日本人なのでモザイク代わりに動いてもらって記念撮影。(笑)
公式サイトはこちら。

まぁ、滅多にないと思うが山東省の威海市へ行く人がいたらこのブログにメールアドレスを入れてコメントしてくれ。ボトルを入れてあるので、呑んでもらえるようマスターに連絡しておくよ。

2013年10月、マスターが病に倒れられ日本に帰国されたため閉店した。現在は手術も無事終わり、半年間の投薬治療に入っておられる。早くお元気になってほしいと祈るばかりだ。




にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ   ←ブログランキング(常設)への応援よろしくお願いします。







            

メニュー

とあるお店のメニュー

写真はクリックで別窓拡大する。


4カ国語対応。

それは良いとして、ビーフカレーよりカツカレーの方が安いし。
写真の通りビーフがたっぷり入ってるのかな。

印尼咖唎炒飯・・・インドネシア風カレーピラフ。
インドネシアのピラフって言えばナシゴレンだろ。カレー味なんてあるのか?

マカロニグラタン。^^;
なんか違うぞ。

つか、良く見ると英語表記もおかしいよな。
読めないけど、この分じゃハングルも怪しいもんだ。w


んでもって、別の店。マクドナルドだが。w



航海王破浪来装
加18元得航海王公仔一個


OnePieceが波を蹴ってやって来た
18元以上お買い上げでOnePieceフィギュアが1個付いてくる。


ってことなんだが、OnePieceって、中国じゃ
海賊王
って言ってなかったっけ。

そう思って調べてみたら、一年あまり前から正式名称を
航海王
に変更したとのこと。

良識ある親御さんたちが眉をひそめないようにと言う配慮から変更したそうな。
中国にもざぁます夫人のPTAが生まれつつあるらしい。w






にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ   ←ブログランキング(常設)への応援よろしくお願いします。







            

中国の自動車事情

青島ナンバーの日産車

写真はクリックで別窓拡大する。



右上のステッカー(新手上路・禁止恐嚇)は、直訳すれば
初心者、脅し禁止

と言う意味だが、何か丸いキャラが涙目で拝んでいる絵を見ると
初心者なの、恐がらせないでね
ってイメージだな。

最近の中国ではこう言う可愛い系のキャラクターによるメッセージステッカーが流行っているようだ。多少なりとも日本の影響があるのかもしれない。


一方・・・



新能源混合動力客車
新能源ってのは新エネルギーと言う意味だが、このバスのメーカー名だ。

でもって、混合動力客車ってのが
ハイブリッドバス
であることは殆どの日本人なら想像がつくだろう。これが漢字の偉大なところだ。

こうしたエコ系技術の導入が進んでるのも、多少は日本の影響によるものじゃないかな。






にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ   ←ブログランキング(常設)への応援よろしくお願いします。







            

大型スーパー

さて、今日からは今回の訪中の在庫整理。

スーパーの駐車場入り口にバスが止まっていた。

写真は一枚を除きクリックで別窓拡大する。



中国公安辺防海警部隊、日本の海上保安庁に当たる組織だ。



公安とは言っても、ナンバープレートはWJ武装警察だ。
多分、この街に隊の本部を持つ山東辺防総隊海警一支隊のものだろう。


武装警察は人民警察と並んで中国公安部の管轄だが、いわゆる普通の警察である人民警察とは異なり軍隊と言った方が適切な部隊である。

よく判るのは中国海警は水色の迷彩服を着ていることだ。まぁ、最近ではブルーストライプのおしゃれな制服もあるようだが。w

また、人民警察(普通の警察)の階級は日本の物と比べた場合、
巡査〜巡査部長クラス:○級警員
警部補〜警部 クラス:○級警司
警視〜警視正 クラス:○級警督
警視長〜警視監クラス:○級警監

と、いかにも警察の階級になっているが、

武装警察の場合は
兵員:武警列兵・武警上等兵
下士:武警○級士官
尉官:武警○尉
佐官:武警○校
将官:武警○将

と、頭に武警と付くだけで人民解放軍と全く同じ階級を使っていることからも、中国海警は人民解放軍海軍の別働隊と考えて差し支えない。

参考までに、大佐・中佐・少佐と言う階級は、漢字国の中において日本と北朝鮮だけが使っており(北朝鮮ではハングル表記だが)、中国・台湾・満州などは上校・中校・少校、韓国では大領・中領・少領と言う。

不思議な事に尉官は全部「尉」の字を使うんだがな。


以上の事からわかるように、中国海警は、尖閣問題で今後絡んでくる可能性のある組織だが、Coast Guardと言う名前が海上保安庁と同じなだけで、実際には中国海軍の一部と言って良いぐらい
他の国の沿岸警備隊より軍事色が強い

だから、いつも外国の味方をする日本のマスコミ
中国が警察の一部である海警を出してきたのは自制の表れだ・・・
的な表現をしかねないので要注意だな。


日本の海上保安庁よりも、さらにはアメリカの第5軍と呼ばれる沿岸警備隊よりも
軍事組織であるのが中国海警
だ。

こいつが尖閣諸島に出てきたら、それは紛れもなく戦争行為である。宣戦布告がなければ戦争ではないから、

第二日華事変の始まり

と呼んでも差し支えないぐらいの行為だと知っておいて欲しい。


なお、昨夜から中国政府が尖閣諸島周辺海域に到達したと言っている海洋監視船と言うのは
国家資源部国家海洋局
所属の船だ。

軍艦ではないが、所属から言って中国が自国の物ではない
尖閣諸島の領有をなぜ突然主張し出したか
の本音が見て取れるところが中国共産党の底の浅さだな。(笑)



さて、キナ臭い話はこのぐらいにして・・・



スーパー前の歩道。

この街ではお昼で23〜4度と随分涼しくなったとはいえ、太陽が当たるところはまだまだ夏が残っている。

あちこちにある噴水では子供たちがはしゃぎまわっている光景が目に入る。


スーパーに入るとまず目についたのがこれ。



キナ臭い話は終わりじゃなかったのか?(笑)
向う側には化学兵器フルーツもあるし。^^;

いや、古いアメリカ映画によく出てきたアレとは違う。つか、アレは本当は結構小さい果実で食べられないし。

百度百科によると・・・

ほぼ球形のスイカ。標準的なストライプ模様。薄いが強い表皮。糖度13度前後で水分はかなり多い。開花より27日前後で収穫可能。味の良さから市場価格も高い。耐クラック性に優れるので農村から都会への輸送にも適している。

・・・と言う事らしい。

だから、こいつでスイカ割りをしても危険はない。w






にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ   ←ブログランキング(常設)への応援よろしくお願いします。







            

帰国している

取り敢えず元気だ。

写真はクリックで別窓拡大する。



残念ながら、こう言う結構なモノにはお目にかかれなかった。w






にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ   ←ブログランキング(常設)への応援よろしくお願いします。







            

高級品(笑)


 とあるスーパーの高級米売り場でセールをやっていた。

写真はクリックで別窓拡大する。



6kg入り115人民元。

日本の良くあるサイズに換算すると5kg入り1,200円ぐらい。

まぁ、値段云々の問題じゃないがな。

さて、どこから突っ込んだものか。w






にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ   ←ブログランキング(常設)への応援よろしくお願いします。







            

ランチボックス

中国でも人気の保温ランチボックス

画像はクリックで別窓拡大する。



第二世代日本式ランチボックス

韓国の食品基準をクリアしたPP素材を使用、
さらに衛生的でさらに安全。

特許取得、六大刷新

倒れてもこぼれない。
味が混じらない。
整理して保温できる。
開けてすぐ食べられる。
電子レンジ加熱OK。
超長時間保温。


・・・どこが刷新なんだか。w

まぁ、突っ込みどころ満載だが、一番気になったのは正しい中国語の表現

日式便
ってところだな。w






にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ   ←ブログランキング(常設)への応援よろしくお願いします。








 

アクセス数

5月のアクセス数: 73,247 
4月のアクセス数: 59,981 
累計アクセス数:2,885,458 
2013年4月1日〜2018年5月31日 


プロフィール


 管 
  

  
 
  スピンオフサイト: 

俺と糖尿病の15年戦争 
2015-09-29更新 



にほんブログ村最新記事

おすすめコンテンツ


カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

最近のコメント 10件


健康向上♪

 送料無料! 

iHerb なんと$40以上の購入で
・アメリカから送料無料!
・購入金額の5%off!!

↑終了日未定早い者勝ち!!↑

このバナーからの初回注文は
最大25%OFF!

表示中のエントリー

カテゴリー一覧

月別記事庫

記事情報

最後に更新した日:2018/06/20

サイト内検索

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM