京都府城陽市 久世神社

ショウ1701さんに教えて頂いた神社を紹介しよう。

ショウさんの、とても美しい写真のリンク記事は↓こちら↓。
その1 その2

京都府南部、宇治市の南隣にある城陽市の神社だ。

社名は久世神社(くぜじんじゃ)。城陽市は、もともと京都府久世郡にあった村々が合併して町になり、その後昭和40年代に市制が施行されたので、神社にはまだ久世の名前が残っていると言うわけだ。

その久世郡は、市制が施行されたり、他の街に吸収されたりして、現在は日本で一二を争うお金持ちの町、久御山町一つを残すのみとなった、一郡一町の行政単位である。

画像はクリックで別窓拡大する。


社務所などの施設がある敷地から見上げた神域。鳥居の向こうで一段高くなったところは石の玉垣で囲まれている。

鳥居の扁額には久世社の文字が見えるが、ちょっと撮影コンディションが悪く、字が読みにくいのはカンベンな。雨降ってたんだよ。




手水舎。シンプルだがちゃんと手入れされていて美しい。






神域に上り、ご本殿を囲む瑞垣前に進むと狛犬さんが迎えてくれる。




ご本殿は、檜皮葺一間社流造丹塗白壁と言う、稲荷社で比較的多い形式だった。瑞垣は同じく丹塗りで、正面には連子窓、側面には二重斜格子窓がはめ込まれている。

ご祭神さまは

日本武尊 さま
やまとたけるのみこと


八幡神・応神天皇のお祖父様
にあたられる方である。お名前は有名だろう。

九州の熊襲征伐に16歳の若さで成功、その武勇から、打ち倒した熊襲タケル(あるいは川上タケル)より、ヤマトタケルの名前を献じられたそうだ。

そう言うと、ものすごい豪傑のようだが、実際にはまだ大人のヘアスタイルを結っていない少年で、伊勢神宮の初代斎宮であった叔母さんに女性用の衣装をもらい、美しい娘に変装して討ち入ったと言う、元祖・男の娘である

なんか神様にとんでもないこと言ってるような気もする。・・・バチ当てないで下さいね。(笑)




瑞垣神門前の拝所。ご本殿ともども極彩色の細工が施されていてとても美しい。





向かって左側が、末社・龍王社
ご祭神さまは級長津彦命(しなつひこのみこと)さま、級長津媛命(しなつひめのみこと)さまなので、奈良の龍田神社からの勧請ではないかと思われる。

向かって右側は、末社・稲荷社
もちろんご祭神さまは倉稲魂命(うかのみたまのみこと)さまである。

いずれも小さいお社だが、ちゃんと銅葺一間社流造で、このような形式の末社に良くある見世棚造ではなく、ちゃんと階が設けられた、正式なお社である。






ショウさんの美しい桜の写真に感動してやってきたわけだから、当然ソメイヨシノは完全に葉桜。花はあきらめていたのだが、なんと御衣黄(ぎょいこう)がちょうど満開だった。

八重咲きの山桜のひとつである御衣黄は、ソメイヨシノよりずいぶん花期が遅いのだ。緑の桜として有名なこの花を今年も見られてうれしかった。




記紀によると、30歳で薨去された日本武尊さまは、白鳥となって大和の国経由で河内の国に飛来し、その後天に上ったとされる。一方、この地では鷺坂に飛来して、そのまま羽を休めたとある。この八重桜の向こう側に見えている坂道が鷺坂なのだ。






にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ   ←ブログランキング(常設)への応援よろしくお願いします。









関連する記事
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

 


プロフィール


 管 
  

  
 
  スピンオフサイト: 

俺と糖尿病の15年戦争 
2015-09-29更新 



にほんブログ村最新記事

おすすめコンテンツ


カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>


最近のコメント 10件



健康向上♪

 送料無料! 

iHerb なんと$40以上の購入で
・アメリカから送料無料!
・購入金額の5%off!!

↑終了日未定早い者勝ち!!↑

このバナーからの初回注文は
最大25%OFF!

表示中のエントリー

カテゴリー一覧

月別記事庫

記事情報

最後に更新した日:2020/08/06

サイト内検索

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM