伏見稲荷大社 火焚祭

ここんトコ、中国の問題で商売があまりに思わしくないので、先日伏見稲荷大社の火焚祭に行ってきた。もちろん

商売繁盛祈願

だ。










お稲荷さんのお神楽は女人舞で緋袴に鈴剣と言うお約束のスタイルなのでご満足いただけただろうか。w

この火焚祭の直前に参列者にはA3サイズにプリントアウトされた

大祓詞
おおはらえのことば


が配布された。どうやら一緒に奏上せよという事らしい。俺も途中撮影を中断して、一度だけだが奏上させていただいた。

神棚に手を合わせる時や、神社にお参りした時には天津祝詞(祓詞)を奏上することもあるが、短いので暗誦するのも楽だ。それに比べるとさすがにこっちは長い。ちゃんと書いたものを読み上げるのであってもかなり怪しげな大祓詞になってしまった。

お稲荷さんごめんなさい。m(_ _;)m


つか、短くても書いたものを読み上げるのが正式だと聞いたこともある。

祭りの始まる前、数時間の余裕を持って出かけ稲荷山のお山巡りをしてきた。伏見稲荷大社を紹介した時、夢野みちさんが「遭難しかけた」とジョークを飛ばされた参拝順路である。

明日からは何回かに分けで写真で順次紹介してゆくことにしよう。






にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ   ←ブログランキング(常設)への応援よろしくお願いします。







コメント
  • ひなたぼっこねこ
  • 2012/11/10 3:53 PM
鈴剣、っていうんですね、あれ好きです。

本日気がついたんですが、なかなかパンチのキいた広告で。
狸明神さまのオススメってお託宣は葉っぱだったりするのかな。

遅ればせながら貴ブログの「カントリーリスク」を
上の子に見せたら興味津々で読みふけっておりました。
常識って国の数だけ、人の数だけ、あるっていうのが
アタマだけでなく本当に理解できるかは難しいです。

 

ひなたぼっこねこさん>
こんにちは。

>本日気がついたんですが、なかなかパンチのキいた広告で。
え〜、広告枠は私が設定してますが、広告の中身はGoogleが見る人ごとに違うものを準備してるんですよ。なので、中身は判りません。ちなみに今の私のには「京都でお墓を探すなら」ってのが出てます。w

ブログシステムが設定した広告枠じゃないよって言う意味で管狸人が設置した広告って書いてあるんです。

>貴ブログの「カントリーリスク」を上の子に見せたら
>興味津々で読みふけっておりました。
ありがとうございます。まぁ、経験しないと判らないことも多い世の中ですが、代理体験であっても無知よりはマシだと思います。

 

  • ひなたぼっこねこ
  • 2012/11/10 10:34 PM
本日二度目の投稿、お邪魔します。

広告の件、ご説明ありがとうございます。
わたしの勘違いなんですね、失礼いたしました。
私のは「霊能者、神の教え、神仏のお言葉」云々
と出ていました(最近此方に触発されて神話をググっていた)。
「霊験あらたか妖気ざくざく」だったら即見ちゃいそうです(^.^)。

失礼ついでにもう一つ。
上の子が「クーリエ・ジャパン」という雑誌をみていたのが
今回の記事へのきっかけだったのですが、
管狸人さんのような幅広い知識の方は
どんな雑誌を読んでいるんだろう、なんぞと申しまして、
差しつかえなかったら教えていただけませんか?

 

ひなたぼっこねこさん>
こんにちは。

>私のは「霊能者、神の教え、神仏のお言葉」云々
あ、面白そうだなぁ、そっちを見てみたいです。

>どんな雑誌を読んでいるんだろう
少年サンデーを買ってもらっていたことがある以外、定期購読した雑誌ってのはないですねぇ。それも「おばQ」や「おそ松くん」が掲載されていた初期の時代です。w

でも読むことは読むんですよ。今はビジネス誌が多いかな。日経ビジネスとか東洋経済なんかですね。本屋さんで見かけて見出しが面白そうな時は買うとか、どこかの待合室で流し読みする程度ですが。

他の雑誌も・・・クーリエ・ジャポンも週刊実話wも同じような感じで読みます。で、記事の中で面白そうなネタがあればそれについての情報を集めます。

学生時代からずっとそのスタイルで、ネットが普及してからは関連情報が集めやすくなって助かりますね。

本に使う金は多い方だったと思いますが、そんな感じなので現在は「雑誌の見出し」⇒「雑誌の記事」⇒「ネットで検索」⇒「関連書籍の購入」って流れで、随分お金と場所の節約になっています。

 

  • ひなたぼっこねこ
  • 2012/11/11 1:13 PM
ご丁寧なお返事、ありがとうございます。
子供共々お礼もうしあげます。

>…同じような感じで読みます。
そのスタンス、柔軟性があっていいですね。
昔は新聞や雑誌から情報を得る感じでしたが
いまは探せばその背景や裏付けを違う角度で得られる時代で、
その点では受け手である自分が判断できるよう、
広い見識を持ちたいね、と親子で話したりしています。

が!
深く考えずじゃ「ぱ」んと書く日本土着な母はあきません、
子供は世界に意識を向けてもらいたいと思っております。

 

ひなたぼっこねこさん>
こんばんは。

>そのスタンス、柔軟性があっていいですね。
や〜らかいのだけが取り柄ですから。w

>昔は新聞や雑誌から情報を得る感じ
そうですね。複数の全国紙と地元紙一紙の同じ事件に対する書き方を比較するなんてテクニックは高校の時教わりました。

最初は「新聞代が高くつくやん」って感想しか持てませんでしたが、そのうち理解できるようになりました。

そのおかげで、朝日新聞が「学術の朝日」から「サラ金広告の朝日」に変節するのを目の当たりにして悲しい思いをすることもできましたしね。w

>じゃ「ぱ」んと書く日本土着な母
い〜んですよ。私も日本狸ですし。^^;

 

コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

 

アクセス数

7月のアクセス数: 72,798 
6月のアクセス数: 70,447 
累計アクセス数:3,028,703 
2013年4月1日〜2018年7月31日 


プロフィール


 管 
  

  
 
  スピンオフサイト: 

俺と糖尿病の15年戦争 
2015-09-29更新 



にほんブログ村最新記事

おすすめコンテンツ


カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

最近のコメント 10件


健康向上♪

 送料無料! 

iHerb なんと$40以上の購入で
・アメリカから送料無料!
・購入金額の5%off!!

↑終了日未定早い者勝ち!!↑

このバナーからの初回注文は
最大25%OFF!

表示中のエントリー

カテゴリー一覧

月別記事庫

記事情報

最後に更新した日:2018/10/18

サイト内検索

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM