京都だが名刹の庭園じゃないから水琴窟をゆっくり録音できた

昨日は平日に一日休みを取ってあっちこっちほっつき歩いてきた。ま、ブログネタの蒐集だけどね。7〜8日分ぐらいのネタを拾えたかな。これから写真を整理して、ぼちぼちアップしてゆくことにするよ。

でもって、先月も似たようなことをやったが、うろついている途中で時間が来たので撮影。

画像はクリックで別窓拡大する。


まるで俺の子供時代の通知簿だな。^^; おまけにピンボケ。

閑話休題、紅葉には微妙にまだ早かった。やっぱり今月末から12月初めぐらいが一番いいのかもしれない。例年並みってところだろう。

と言うことで今日の本題。まずはこれまでにも何度か紹介した水琴窟、今回はその音色を録ってきた。府立植物園の中にあるとは灯台下暗しって感じだよな。俺の注意力不足とも言うが、w



涌水と銘打たれたこの水琴窟には竹筒が二本添えられている。

水琴窟は地下で響く音であるうえ、この蹲に流れ込む水量が多いのでその水音や、比較的騒音の多い場所にあるから周囲の雑音に紛れて聞こえにくいのだ。

で、この節を抜いた竹筒を地面に押し当てて耳を寄せると音が聞こえるという仕掛けになっている。今回はデジカメのマイクを竹筒にくっつけて撮影した。

それでも音は小さめなのでボリュームを上げて聞いてくれ。突然大きな音がしたりはしないので安心してほしい。



他のところへ行ってびっくりしないように、ボリュームは元に戻しておいてくれよ。(笑)






にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ   ←ブログランキング(常設)への応援よろしくお願いします。








今日の七十二候 11月12日 立冬次候:地始凍
(ちしとう / ちこおりはじめる)




関連する記事
コメント
  • ゴロ助っ♪
  • 2014/11/12 6:45 AM
おはようございます。

本場?素敵な音でした。
不浄ながら・・・こちらにも水琴窟あるそうで。山のお手洗。
この冬どうにか聴きたいものです。

紅葉、楽しみですね(^_-)-☆

 

ゴロ助っ♪さん>
お早いお越しありがとうございます。

>本場?
まぁ、水琴窟を発明したのは伏見に住んでいたころの小堀遠州だと言う事ですから本場かもしれませんが、彼の活躍の場は京の都から江戸まで幅広いですからねぇ・・・

>この冬どうにか聴きたいものです。
そちらの冬って、山のお手洗いの水は凍っちゃってるんじゃないですか?

>紅葉
今年もどこかのものを紹介できたらいいなと思ってます。

 

  • 2014/11/12 7:36 AM
「水琴窟」とは何か?から初めました(笑)。なるほど、で、音を改めて聴いて「ぉぉ!」と。騒音が無い所でコレがバックグラウンドで響いてたら気持ちいいだろうなぁ。。。

 

气さん>
こんにちは。

>「水琴窟」とは何か?から初めました(笑)。
多分一般的な認知度は3割程度だと思いますからご心配無用です。^^;

>音を改めて聴いて「ぉぉ!」と。
これを調べと聞くかノイズと取るかはその人次第でしょうが・・・まぁ、ショパンにも雨だれのプレリュードってのがあるくらいですから西洋の人にも理解してもらえるかな。

 

コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

 

アクセス数

7月のアクセス数: 72,798 
6月のアクセス数: 70,447 
累計アクセス数:3,028,703 
2013年4月1日〜2018年7月31日 


プロフィール


 管 
  

  
 
  スピンオフサイト: 

俺と糖尿病の15年戦争 
2015-09-29更新 



にほんブログ村最新記事

おすすめコンテンツ


カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

最近のコメント 10件


健康向上♪

 送料無料! 

iHerb なんと$40以上の購入で
・アメリカから送料無料!
・購入金額の5%off!!

↑終了日未定早い者勝ち!!↑

このバナーからの初回注文は
最大25%OFF!

表示中のエントリー

カテゴリー一覧

月別記事庫

記事情報

最後に更新した日:2018/09/26

サイト内検索

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM