電子タバコの普及は日本じゃ難しい?

もうタバコを吸う場所ってのは街中から消えつつあるわけだがそれも時代の流れだろう。日本にタバコが伝来しておよそ500年、一般に普及して400年と言われるが、それほど長い歴史でもないので、煙と消えてしまうのもタバコらしくていいと言えば言えるのかな。

画像はイメージで本文とは関係ない(笑)。だからクリックしても拡大しない。


海外でも先進諸国では日本以上に禁煙の流れは進んでいると言うか、日本は完全にタバコ後進国になっちゃってるようだ。タバコが安く買えすぎることもある。 世界で最高のマナーを持つ国民性という評価を得ている日本人が、ことタバコに関してだけは野蛮人になるのはなぜかという厳しい意見も聞かれたそ うだ。喫煙者の男女差が大きいことも後進国の特徴なんだとか。たとえば日本人を含むアジア人の喫煙者の比率は男性は女性の4倍以上だが、オセアニアで 2.5倍、欧米諸国では1.5〜1.8倍、アフリカ諸国で3.5倍くらいだそうだ。そして世界中で日本人男性の喫煙者比率が飛びぬけて大きいらしい。

伝統を守る日本人はまた、因習・陋習にも囚われやすいのだろうか。(笑)

一方、中国になじみのある身としては、感覚的には中国人の喫煙者率が大きいように思っていたが「タバコすら買えない」っていう人口がかなりの比率を占めているのと、当局によるイメージ統計のせいで思ったより喫煙者率は低い。俺はビジネスで中国を訪れた外国人という位置づけだから、メンツにこだわる中国人たちは、少なくとも俺たちの前ではみんな結構いい値段のタバコ(ソフトパッケージの『中華』シリーズ)を吸ってたように思う。ひと箱600円〜1200円相当ぐらいかな。中国じゃ買う店によって同じ銘柄のタバコでも値段が変わるから正確なところはわからない。^^;


閑話休題、ここからが本題だ。アメリカを中心にこう言う表示があるらしい。

画像はクリックで別窓拡大する。


No Smokingはいいとして、Vaping OKとはなんだろう。

Vapingとは電子タバコを吸うこと、なのだ。


上のリンクは楽天アフィリだが、一番メジャーなこの電子タバコの商品名がVapingの語源らしい。しかしながら日本でVapeと言うと


どうしてもこっちを連想しちゃうよな。(笑)

同じように体に悪いとしても蚊取り線香を咥えたってあんまりおいしくなさそうだし、商品名を変えなきゃ普及は無理かな。まぁ、タバコを吸ったことのない人にとっては蚊取り線香もタバコも似たようなもんだろうけど。・・・電子タバコが体に悪いかどうかは知らないがニコチン入りのものも海外には存在はしているそうだ。

オマケのアフィリ、↓アマゾン↓でも売ってた。








にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ   ←ブログランキング(常設)への応援よろしくお願いします。











関連する記事
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

 

アクセス数

5月のアクセス数: 73,247 
4月のアクセス数: 59,981 
累計アクセス数:2,885,458 
2013年4月1日〜2018年5月31日 


プロフィール


 管 
  

  
 
  スピンオフサイト: 

俺と糖尿病の15年戦争 
2015-09-29更新 



にほんブログ村最新記事

おすすめコンテンツ


カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

最近のコメント 10件


健康向上♪

 送料無料! 

iHerb なんと$40以上の購入で
・アメリカから送料無料!
・購入金額の5%off!!

↑終了日未定早い者勝ち!!↑

このバナーからの初回注文は
最大25%OFF!

表示中のエントリー

カテゴリー一覧

月別記事庫

記事情報

最後に更新した日:2018/06/19

サイト内検索

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM