春日大社 若宮十五社巡り

さて、春日大社。今日は昨日の大宮(本宮)に続いて若宮社を中心とする境内社を紹介しよう。これは若宮十五社巡りと称して巡拝するのが習わしになっているようだ。

画像はクリックで別窓拡大する。


こちらが十五社巡り第一納札社・若宮(わかみや)だが、ご本殿と同じく写真撮影が禁じられているので、ぎりぎり覗えるレベルでの撮影にとどまってしまう。ちょっと残念だ。社殿は一棟だけだが、ご本殿と同じ春日造の壮麗なご社殿である。

ご祭神さまはご本殿第三殿のご祭神さま、天児屋根命(あめのこやねのみこと)さまの御子神様である天押雲根命(あめのおしくもねのみこと)さまだ。智恵と生命の神様として崇められている。




続いて十五社巡り第二納札社・一童社(いちどうしゃ)。

同じ奈良の大神神社のご配神さまである少彦名命(すくなひこなのみことさまを勧請した、子供の成長を守って下さる神様だそうだ。




十五社巡り第三納札社は兵主神社(ひょうすじんじゃ)

勇気を授けてくださる大貴己命(おおなむちのみこと)さまがご祭神さまである。




第四は南宮神社(なんぐうじんじゃ)

記紀では鉱山の神様とされているが、京都の御金神社のご祭神さまと同様、財宝の神様としてのご神徳を謳われている金山彦神(かなやまひこのかみ)さまをご祭神さまとしている。




第五番・廣瀬神社
第六番・葛城神社は、ご社殿修造のため遷座されていてお留守のようだった。

両社の間にある社号標は赤乳白乳両社遥拝所(あかちちしろちちりょうしゃようはいじょ)である。これは十五社巡りには含まれないが、この社号標の東数キロの地点にある赤乳神社と白乳神社を遥拝するためのものだ。

両社は婦人病治癒のご神徳があり、赤乳神社は腰から下、白乳神社は腰から上にご利益があるとか。




こちらがご遷座先。

廣瀬神社のご祭神さまは衣食住の神様である倉稲魂命(うかのみたまのみこと)さま。神社によるご祭神さまの説明書きには「おいなり様」と書かれていた。一番わかりやすい紹介だと思う。

葛城神社は以前奈良の神社紹介でエントリにした葛城一言主神社からの勧請で、夢をかなえてくださる神様として紹介されている。ご祭神さまは一言主大神(ひとことぬしおおかみ)さまだ。




第七番三十八所神社(さんじゅうはっしょじんじゃ)

大きな数のお名前だが、ご祭神さまは三柱。

神産みの親神様である伊弉諾尊(いざなぎのみこと)さま伊弉冉尊(いざなみのみこと)さま。そして神日本磐余彦命(かむやまといわれひこのみこと:初代神武天皇)さまである。




ご社殿におおきなカラスがいた。ご祭神さまの関係から三本足を期待したが、ちょっと大柄だが普通のハシブトガラスだった。ビミョーに残念。(笑)




第八番・佐良気神社(さらけじんじゃ)

福運の神様として蛭子神(ひるこのかみ)さまをお祀りしている。




若宮十五社巡りの第九納札社・春日明神遥拝所

社殿は存在せず、九つの石で構成された居石(すえいし)を信仰対象とし、ひらめきの神様としてのご神徳が謳われている。

鎌倉時代には、南都六宗の一つ華厳宗の高僧、明恵上人がここから春日大社のご本殿を遥拝したという記録があるそうだ。





第十番は宗像神社(むなかたじんじゃ)

宗像三女神さま全員ではなく、そのうちの一柱、弁財天様と習合された市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)さまを学問・芸能の神様としてお祀りしている。




第十一番・紀伊神社(きいじんじゃ)

この神社が十五社巡りの一番奥になる。ここからは若宮の方へ戻る方向で巡拝してゆくのだ。

新たな生気を頂く神様としてお祀りされているのは五十猛命(いそたけるのみこと)さま大屋津姫命(おおやつひめのみこと)さま抓津姫命(つまつひめのみこと)さまである。素戔嗚尊さまの御子神様八柱のうちの三柱さまだ。




十二番・伊勢神宮遥拝所

これは夫婦岩を模したものだろうか。




十三番も遥拝所だ。元春日・枚岡神社遥拝所(もとかすが・ひらおかじんじゃようはいじょ)

大阪府東大阪市にある枚岡神社はその創建が神武天皇即位の三年前と社伝に記される全国有数の古い神社だが、春日大社はこの神社からご祭神さまを勧請して創建された神社なのだ。




道すがらこんな標を見てどきっとしたが、よく見ると狸じゃなくて裡(うち)だったので一安心。(笑)。

禁裏のことを禁裡とも書くそうで、後醍醐天皇がこの地に避難された折に鏡を奉安されたことからこの名があるそうだ。




それがこの十四番・金龍神社(きんりゅうじんじゃ)である。

ご祭神さまは金龍大神さまとあるが、記紀にあるような具体的なご名義は不明である。しかしながら金運授けのご神徳で大変な信仰を集めているようだ。


そうそう、ご本殿や若宮さまで写せなかった春日造のご社殿の構造だが、この神社のものを見てもらうとよくわかるだろう。

まず切妻屋根で、屋根のラインがカーブしている。そして妻入(棟に直交する側が正面になる)で、そちら側の妻にだけ屋根と一体化した庇が取り付けられている。

さらに、もともと床を高く張るのが神社建築のお約束だが、ほかの様式に比べて春日造のものは特に床が高い。

そして大きなご社殿になると正面に階が設けられ、正面扉には御簾が掛けられるのだ。この神社では屋根は銅葺だが、ご本殿や若宮さまは桧皮葺で、屋根には千木と鰹木が置かれる。

一方、他の末社に見られるような見世棚造に簡略化したもの(厳密に言えばこの社殿も階がないので見世棚といえなくもない。)では、屋根と千木が一体化していることが多く鰹木や御簾は省略されることが多い。





昨日のエントリで中国人が多いという話をしたが、絵馬にもその傾向が見られる。中国語が多く、英語やそのほかの横文字系(何語かわからなかった)、そしてハングルのものも少し。

工作順利・財源滾滾来 銭包非常飽!!

ってのは、

仕事が順調に行って、余分なお金で財布がパンパンになりますように!!

っていう意味だ。正直でよろしい。(笑)


でも、日本人としちゃ負けてられないよな・・・




またやらかしてきてしまった。^^;




そして最後は十五番・夫婦大黒社(めおとだいこくしゃ)

ご祭神さまは大国主命(おおくにぬしのみこと)さまとその正妻である須勢理姫命(すせりひめのみこと)さまだ。

ご神徳はもちろん夫婦円満、家内安全。そして老後の守護も加わっている。


さて、十五社めぐりはこれで完了。明日はこのほかにも数多く存在する末社群を紹介することにしよう。






にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ   ←ブログランキング(常設)への応援よろしくお願いします。











コメント
  • 2014/09/18 12:33 PM
>正直でよろしい
という事で私も画面に向けて「ありがとうございます!」の先払い(笑)。

 

气さん>
こんばんは。

>「ありがとうございます!」の先払い(笑)。
www
プリペイドにすると、きっとextra御利益がついて10%ボーナスになりますよ。(笑)

 

  • 山口
  • 2014/09/20 1:54 AM
管狸人さま

突然申し訳ございません。
わたくしテレビ番組制作を行っています山口と申します。
管狸人さまのブログにあげられている神社の注連縄のお写真を、
テレビ番組にご提供して頂きたく、ご連絡させて頂きました。
もし、すこしでも興味がありましたら、メールアドレスまでご連絡ください。
よろしくお願い致します。

山口

 

コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

 

アクセス数

7月のアクセス数: 72,798 
6月のアクセス数: 70,447 
累計アクセス数:3,028,703 
2013年4月1日〜2018年7月31日 


プロフィール


 管 
  

  
 
  スピンオフサイト: 

俺と糖尿病の15年戦争 
2015-09-29更新 



にほんブログ村最新記事

おすすめコンテンツ


カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

最近のコメント 10件


健康向上♪

 送料無料! 

iHerb なんと$40以上の購入で
・アメリカから送料無料!
・購入金額の5%off!!

↑終了日未定早い者勝ち!!↑

このバナーからの初回注文は
最大25%OFF!

表示中のエントリー

カテゴリー一覧

月別記事庫

記事情報

最後に更新した日:2018/08/15

サイト内検索

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM