安全に対する意識

先日、京阪沿線に住む年配の知人を尋ねた。ちょうどその家の横に線路沿いの新しい道を作っているとかで随分通りにくくなっていた。

画像はクリックで別窓拡大する。プライバシーに配慮して一部モザイク処理してある。


写真は舗装が完了した既存道路への交差点、写真に写ってはいないが手前の部分が新しい道でまだ舗装はできていものの整地は終わっていた。

で、とんでもないところに電柱と支線があるわけだが、知人が確認したところ京阪の下請工事会社関西電力・道路の持ち主である京都市のいずれもがこれで完了と言って来たらしい。

電柱自体はぎりぎりの位置ではある。しかしそれでも交差点内に立っているとみなせる位置だと思うんだがな。

で、知人は怒って三社から担当者を呼び、この現状を確認させたらしい。で、出てきた回答が

「これのどこに問題があるんですか。」

だったそうな。挙句、関西電力は

「ご不便なら電柱を移動させますが、最低20万円以上の費用を負担してもらいます。」

だと。結局すったもんだの末、支線を電柱のすぐ横に移動させると言うことで話は終わったらしい。

しかし、弓形支線と言うイレギュラーな方法を採らない限り、電柱のすぐ横に支線を固定しても力学的に意味をなさない。年配女性である知人の無知に付け込んでその場を終わらせた印象が拭えなかった。

調べてみたところ、台風や地震で電柱が倒れ家屋に被害が出た場合でも原因が自然災害の場合電力会社は一切補償を行わないらしい。もちろん電柱にトラックがぶつかって倒れた場合は、補償の責任はトラックの方にあるので電力会社の懐は痛まないと言うわけだ。


とどのつまり関西電力と言う会社は安全に関心がないと言うことが良く見てとれる話だった。こんな会社が大量の原発を持っていると言うことが問題だな。

原発は安全かもしれないが、暴走しても気にしないような連中が管理していると言うことを連想して寒気がした。






にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ   ←ブログランキング(常設)への応援よろしくお願いします。











コメント
  • 2014/05/19 6:52 AM
こっちだったらワザと引っかかって転倒、その足で病院へ行き診断書。精神科へ行ってトラウマ診断。で、州と市と敷設会社と電力会社から死ぬまで搾り取れるんだけどなぁ。

 

气さん>
こんにちは。

>死ぬまで搾り取れる
ですよねぇ。

まぁ、日本じゃ懲罰的損害賠償の制度がないから老後が安泰になるほど絞れそうにないので諦めました。(笑)

でも、ある意味その制度がアメリカの社会を安全にしてきた側面は否めませんから、日本にも導入してほしいかもです。特に官公庁やライフラインに携わる会社については必須じゃないかと思います。

 

  • ひなたぼっこねこ
  • 2014/05/20 8:39 PM
>原発は安全かもしれないが、
>暴走しても気にしないような連中が管理している
唸りました。まさに、そうなんですよね。
ハードに問題はなくても、それを動かす人が問題を起こす。
その、人が過ちを認めないところが何より怖い。
ほんと、狐狸妖怪組合の方がヒトがいいです、きっと。

 

ひなたぼっこねこさん>
こんばんは。

>人が問題を起こす。
そうですね。戦車も大砲も刀も人を殺しません。人を殺すのは人ですってことです。

>狐狸妖怪組合の方がヒトがいいです
狐狸妖怪は人を殺しません、喰うか化かすかです♪

 

コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

 

アクセス数

7月のアクセス数: 72,798 
6月のアクセス数: 70,447 
累計アクセス数:3,028,703 
2013年4月1日〜2018年7月31日 


プロフィール


 管 
  

  
 
  スピンオフサイト: 

俺と糖尿病の15年戦争 
2015-09-29更新 



にほんブログ村最新記事

おすすめコンテンツ


カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

最近のコメント 10件


健康向上♪

 送料無料! 

iHerb なんと$40以上の購入で
・アメリカから送料無料!
・購入金額の5%off!!

↑終了日未定早い者勝ち!!↑

このバナーからの初回注文は
最大25%OFF!

表示中のエントリー

カテゴリー一覧

月別記事庫

記事情報

最後に更新した日:2018/08/21

サイト内検索

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM