霊光殿天満宮

神域も狭く、明治の旧社格制度にあっては村社と言う比較的低い社格だったが、帝からはご宸筆の扁額を賜り、徳川家康公の信心も篤かったと言う神社を紹介しよう。

社号は霊光殿天満宮(れいこうでんてんまんぐう)と言う。天満宮だから菅公をお祀りしている神社だ。ちょっとご霊威を感じさせる変わった社号だがいわれがある。菅公左遷の折、天から一条の光が差し帝釈天が降臨したとか、天一神が一条の光に乗って本来の遊行先ではない菅公の宿泊地に顕現され、彼を陥れた者たちへの天罰を約したとか言う伝説が残っているようだ。

画像はクリックで別窓拡大する。


これが神社の正面鳥居と入口の門である、かなり狭い。社号標にはかつて村社の社格が記されていたことが判る。




鳥居の扁額には

天下無敵 必勝利運

の文字が見える。一般に鳥居の扁額には社号かご神格を記す物なのだが、この神社のものにはご神威が記されている。これは割合珍しいと言えるだろう。

この扁額は元寇の折、当時の後宇多天皇が夷敵殲滅の呪を行わせたところ敵を壊滅せしめた神威に対する謝意として贈られたそうだ。

もともとこの神社は東大阪市あたりに創建されたものだそうだが、その際に京都に遷座されたらしい。




手水舎。蛇口をひねるタイプだった。




拝殿




拝殿にかかる献灯は、裏千家と武者小路千家からのものが目立った。表千家の物は千宗左家元のものをふくめて見つけられなかった。




ご社殿前。天満宮に参拝するには良い季節だな。




覆屋の中にある小ぶりなご本殿。

ご祭神さまは

菅原道真
すがわらみちざね


である。そして、生前はこの神社をとても崇敬していて一度は廃絶した社家の若江家を復興させた

徳川家康
とくがわいえやす


も三代将軍家光公の手によって相殿されているそうだ。

東照大権現さまが東照宮や八幡宮、大国魂などの武人系神社以外の文人系神社にお祀りされているのは珍しいんじゃないだろうか。




吊灯籠には徳川葵の紋も見える。




ご本殿前には狛犬さん




こちらは獅子さんだな。阿形の狛犬さんではなく伝統的な獅子さんのように見える。




さらにご本殿瑞垣の中には臥牛さん




そして瑞垣の外にも臥牛さんの石像。このあたりはさすがに天満宮だなって思える。




摂社・五所稲荷大明神社(いつところいなりだいみょうじんしゃ)

資料によると老松神社と呼ばれていたり、渡会晴彦翁やこの神社の創建者である菅公の6世の孫、菅原義郷さま、さらに道真公の来孫(孫の孫の子供)である菅原定義さまをご祭神さまとしている説があるようだ。

それらを全部考えあわせると、五柱のご祭神さまをお祀りしているから五所稲荷ということなんだろう。整理すると、ご祭神さまは

稲荷神の倉稲魂命(うかのみたまのみこと)さま
老松社の島田忠興(しまだただおき)さま
白太夫社の渡会晴彦(わたらいはるひこ)翁
創建者の菅原義郷(すがわらよしさと)卿

来孫の菅原定義(すがわらさだよし)卿

の五柱ということになる。




これは霊光殿一千年祭の記念塔だ。東大阪の方に創建されたのが1018年だから、実際にはあと数年あるんだけどね。






にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ   ←ブログランキング(常設)への応援よろしくお願いします。









コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

 


プロフィール


 管 
  

  
 
  スピンオフサイト: 

俺と糖尿病の15年戦争 
2015-09-29更新 



にほんブログ村最新記事

おすすめコンテンツ


カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>


最近のコメント 10件



健康向上♪

 送料無料! 

iHerb なんと$40以上の購入で
・アメリカから送料無料!
・購入金額の5%off!!

↑終了日未定早い者勝ち!!↑

このバナーからの初回注文は
最大25%OFF!

表示中のエントリー

カテゴリー一覧

月別記事庫

記事情報

最後に更新した日:2019/08/26

サイト内検索

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM