食物繊維のカロリー

さて、これは昨日更新したスピンオフサイトと同内容だ。食餌療法としてのダイエットに興味がある人には常識だとは思うが、そうでない人は意外と知らないんじゃないかと言う情報だ。

まずは糖分や脂肪の吸収を抑えると言うトクホ取得の粉末(健康食品扱い)について、栄養成分表を見てみよう。

画像はクリックで別窓にちょっとだけ拡大表示する。


これが30本入って定価は1,890円(税込)だ。結構高いよな。

で、見てみると有効成分は難消化性デキストリンと言う食物繊維である。最近ではトクホのコーラなどにも配合されていて有名なんじゃないかと思う。

で、せっかくのトクホなのに糖質が含まれているようだ。まぁ、難消化性デキストリンはでんぷんから生成するので、ある程度残っちゃうんだろうな。この製品はトウモロコシが原料だが、小麦やジャガイモのでんぷんを原料にしたものもよく見かける。

で、よく見てほしいのがカロリーである。

6グラムで7kcal、食品表示でよく使われる100gあたりの表示にすると117kcal/100gくらいになるのだ。決して少ないとは言い難いカロリーだよな。これはほとんど水分のない粉だから単純に比較はしにくいが、たとえばふかし芋にしたサツマイモで131kcal/100g、ジャガイモで84kcal/100gであることを考えると、思わず数値を見直したくなる。

さて、糖質のカロリーは良く使われるアトウォーターのエネルギー換算係数によると4kcal/gだ。この製品はばらつきが大きいようで1包あたり0.1〜0.8gの糖質が含まれていると書いてある。0.1gだったら0.4kcal、0.8gだったら3.2kcalということになる。このばらつきを無視して、ブッ込みで7kcal/包とやっちゃうのも凄いと思うが、それでも糖質からのカロリーだけで届かないのは明白だ。

ならば足りないカロリーはどこから来たのだろう。実はそれが食物繊維の持っているカロリーなのだ。

食物繊維にはカロリーがある
。これって意外と知られていないようだ。もう数値が設定されて10年近くになると言うのに、怪しげなローカロリー食品の宣伝のせいで食物繊維にはカロリーがないと思い込まされている人が大変多い。

もちろんカロリーのない食物繊維素材もある。たとえば寒天とかサイリウムハスクなどがそうだな。一方で糖質の半分ぐらい、つまり2kcal/gのカロリーを持つのはこんにゃくでおなじみのグルコマンナンなどがある。グルコマンナンは水溶性食物繊維で、こんにゃく製品になった後はアルカリ処理の影響で水には溶けなくなっているが、それでも2kcal/gのカロリーは残したままなのだ。

ただ、こんにゃく製品自体は97%までが水だから非常に低カロリーであることは疑いようのない事実ではある。

三大栄養素とはたんぱく質・脂質・炭水化物。このうち炭水化物だけが様々なカロリーバリエーションを持っている。せっかくの機会だからここに紹介しておこう。健康と体重を考える時の参考にでもしてもらえるとうれしいかな。

炭水化物のカロリー
 エチルアルコール 7kcal/g
 消化性糖質 4kcal/g
  糖類全般、消化性でんぷんなど
 有機酸 3kcal/g
  酢酸、クエン酸、酒石酸など
 第1群 難消化性糖質 3kcal/g
  キシリトール、ソルビトール、マルトテトライトール、テアンデオリゴ糖
 第2群 難消化性糖質 2kcal/g
  マルチトール、イソマルチトール、マンニトール、マルトトリイトール、ラクチトール、
  フラクトオリゴ糖、キシロオリゴ糖、ケンチオオリゴ糖、ラフィノース、ソルボース、
  ガラクトシルスクロース、ガラクトシルラクトース、スタキオース、ラクチュロ−ス、
  サイクロデキストリン(シクロデキストリン / 環状オリゴ糖)など
 発酵性食物繊維 2kcal/g
  (主に水溶性食物繊維)
 第1群 食物繊維素材 2kcal/g
  グァーガム、グァー豆加水分解物、小麦胚芽、タマリンドシードガム、プルラン、
  水溶性大豆食物繊維、湿熱処理澱粉(レジスタントスターチ)
 第2群 食物繊維素材 1kcal/g
  難消化性デキストリン、アラビアガム、ビート繊維
 難発酵性食物繊維 0〜1kcal/g
  (主に不溶性食物繊維)
 第3群 食物繊維素材 0kcal/g
  寒天、キサンタンガム、サイリウムハスク、セルロース、ジェランガム、ポリデキストロース、
  低分子化アルギン酸ナトリウム
 第3群 難消化性糖質 0kcal/g
  エリスリトール、スクラロース

なお、この基準は日本の栄養表示基準によるもので、たとえばEUなどは非常にざっくりと糖アルコールはすべからく2.4kcal/gと表示すべしなんてやっちゃってる。これじゃカロリーウォッチャーたちが困っちゃうよな。

それと肝心の血糖値への影響について、かなり大ざっぱな表現だが、カロリーの有無とは関係なく食物繊維についてはほぼ血糖値に影響しない。と言うのも、食物繊維は大腸まで行ってはじめて腸内細菌により発酵されて短鎖脂肪酸を産生し、それが栄養としてカウントされる、つまり口に入れた時は炭水化物だが栄養になる時は脂質ってことだからカロリーにはなっても血糖値は上げないってことだ。

一方、難消化性糖質に含まれる糖アルコール(キシリトールやマルチトールなど)の場合は、食物繊維と同じ機序で大腸で発酵する部分もあるが、ある程度は小腸で糖質として吸収されるから、普通の砂糖などの糖質を採った時の半分程度の血糖値上昇を引き起こすと言われている。

例外はエリスリトールだけで、これは小腸でほとんど吸収される代わりに、代謝されず尿に直行してしまうためカロリーもなければ血糖値への影響もない。

もう一つの第3群難消化性糖質のスクラロースは蔗糖(普通の砂糖)を出発原料とする合成甘味料であり、そもそも砂糖の600倍と言う甘さを持っているので、血糖値には全く影響しないのだ。


ところで、話を最初に戻してカロリーの計算を確認しておこう。

上記の表を確認してみれば判るとおり、難消化性デキストリンの持つカロリーは1kcal/gだから、この製品に含まれるカロリーは食物繊維由来のものが5kcalで、残り2kcalが糖質由来のものだとわかる。したがって0.1〜0.8gと幅を持たせているが、換算係数どおりに見た場合、この製品の糖質含有量平均は0.5g/個包装(6g)と言うことになる。






にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ   ←ブログランキング(常設)への応援よろしくお願いします。








今日の七十二候 2月14日 魚上氷
(さかなこおりをいずる)


今日の習俗 2月14日
聖バレンタインデー



コメント
射手座ネタでお名前使わせて頂きました。
書いていなかったと思いますが
スピンオフサイトも読ませて頂いています。
あのページに行くとつい松さんのショップにも
行っちゃいます。
松さんのブログからより行き易い不思議。

 

  • ひなたぼっこねこ
  • 2014/02/14 2:31 PM
関東は暴風雪です。うう寒い。
(=゚ω゚)ノ◉☆◆△ チョコでありクッキーであり、気持ちであります。
ノーカロリー、脳天気味、ご笑納くださいませ(*^^*)。

 

beautyhelpさん>
こんにちは。

>お名前使わせて頂きました。
どうぞどうぞご遠慮なく。

>スピンオフサイトも読ませて頂いています。
ありがとうございます。

>松さんのブログからより行き易い不思議。
あはははは〜^^;;;

 

ひなたぼっこねこさん>
こんにちは。

>関東は暴風雪です。うう寒い。
こっちもちょっと積もりました。大騒ぎするレベルじゃないですが積雪は久しぶりです。

>ノーカロリー、脳天気味、ご笑納くださいませ(*^^*)。
ありがとうございます。m(_ _)m
コメント欄では文字参照が無効になってるのでごめんなさいね。

 

コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

 

アクセス数

7月のアクセス数: 72,798 
6月のアクセス数: 70,447 
累計アクセス数:3,028,703 
2013年4月1日〜2018年7月31日 


プロフィール


 管 
  

  
 
  スピンオフサイト: 

俺と糖尿病の15年戦争 
2015-09-29更新 



にほんブログ村最新記事

おすすめコンテンツ


カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

最近のコメント 10件


健康向上♪

 送料無料! 

iHerb なんと$40以上の購入で
・アメリカから送料無料!
・購入金額の5%off!!

↑終了日未定早い者勝ち!!↑

このバナーからの初回注文は
最大25%OFF!

表示中のエントリー

カテゴリー一覧

月別記事庫

記事情報

最後に更新した日:2018/09/19

サイト内検索

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM