第1回カーボンチャレンジ:恵方巻き

耐糖能と言う言葉がある。簡単に言えば糖質を摂っても血糖値が異常高値を示さない、糖質の処理能力のことである。健康人なら糖質を取るとすぐに追加インスリンが分泌されて、血糖値を一定以下に抑えてくれるが、糖尿病患者ではそれが間に合わず血管や神経を傷害したりする食後高血糖が引き起こされると言うわけだ。

糖質制限で有名な江部先生によると2型糖尿病患者で体重64kgの男性において、1gの糖質の摂取が3mg/dlの血糖値上昇を引き起こすと言うことだ。例えば食前の血糖値が100mg/dlであった場合、27gの糖質を摂取すると食後の血糖値が181mg/dlになり、高血糖による合併症の危険を惹起すると考えても良いだろう。

27gの糖質と言うのは73gの米飯相当である。0.2〜0.3合くらい、ご飯茶碗半分程度の量と考えて良いだろう。これだけを食べても危険領域に入るから糖尿病ってのは厄介だと言うわけだ。

一方で、充分コントロールされている糖尿病患者と、コントロール不良の糖尿病患者では当然糖質を処理できる耐糖能に差があるはずだから、その辺りを勘案せずに十把一絡げで1gが3mg/dlと決めつけるのはどうかと思う。もちろん目安として考えるのに適切な数値であることを否定するものではなく、自分の人生をよりよくし、適切な治療を行うためには自分自身の身体と能力を知った方が良いだろうと思うのだ。

ってことで、一度炭水化物をしっかり食べて、自分の耐糖能がどの程度なのかを実験してみようと以前から思っていた。幸いなことに昨年夏から始めたダイエットで、現在はコントロール良好な状態にあるので、一食ぐらい無茶をしても死ぬことはないだろう。(笑)

空腹時血糖 100mg/dl前後、食後二時間血糖110〜140mlg/dl、HbA1c(NBSP)5.6%と、正常値と言うには微妙に高めだが、糖尿病患者としての血糖コントロールとしては悪くない状態にある。

一方、体重は65kgくらいでBMIは21.5、体脂肪率15%内外と言う状態なので、インスリン抵抗性は消滅しているようだし、C-ペプチドの値は1.9ng/mlと、空腹時における糖質処理能力はある程度復活していると想定される。



さて、言い訳はこんな物にして、何をやったかと言うと、せっかく昨日は節分だったので、コンビニで恵方巻きを買って来て丸かぶりして見たと言うわけだ。

選んだのはこれ。

画像は全部クリックで別窓拡大する。


サークルKサンクスの商品だ。せっかく無茶をするんだから、ちょっとリッチに海鮮恵方巻きにした。




栄養成分分析が記載されているのはコンビニの強みだな。しかし・・・

熱量の541kcalは良いとして、炭水化物87.2g・・・いきなりハードルを上げ過ぎたかな。(汗)

内容物から考えて95%以上が糖質だろう。江部先生の理論に従うと単純計算で250mg/dlくらい血糖値が上昇するってことだよな。まぁ、そのくらいなら死ぬことはないと思う。^^;




端っこ。きゅうり魚卵玉子焼き鮭(ニジマスのようだが)カニっぽい何かえびが具に入っているのが見える。

結構旨そうだ。




ど〜ん。w

重さを測ったら290gだった。70%がご飯だとしても炭水化物量は74g程度、と言うことは甘味料じゃなくて砂糖なんだろう。

と言うことで食べる。

これだけじゃ寂しいから、もやしとエリンギの和風スープを作って添えた。それ由来の糖質は5g程度である。


で、測定



あれ? (笑)

いや、嬉しいんだけどさ。なんか納得いかねぇ

これまでの積み重ねで俺の耐糖能が思った以上に回復していたこともあるだろう。しかし、それにしても結果が良過ぎるじゃないか。

もしかして使われている原材料に糖アルコールや食物繊維が多く含まれていたのか?




待て待て、「酢飯」でまとめるなよ。(笑)

常識的に考えれば酢と砂糖と塩、化学調味料で味付けしたご飯だと思う。そうだとしたら含まれている炭水化物は高純度の糖質からできてることになるし・・・セルロースやシクロデキストリン(環状オリゴ糖)は改質剤だから数値に影響が出るほどの量を入れるわけもないし、実際着色料より下の方に書いてあるってことはかなり微量しか入ってないはずだ。

ソルビットは糖アルコールだけど、カロリーも血糖上昇効果も砂糖と変わりないし、おそらく乾燥防止剤として少量使われているだけだろう。


ん〜・・・判らん。まぁ、思ったよりいい結果が得られたので良しとしておこうか。



とは言え、流石に今朝の空腹時血糖はいつもよりビミョ〜に高め。まぁ、ぎりぎり正常値の範囲だし、100mg/dlを超えることは珍しくないので、やっぱり思った以上に良い結果が出たんだと思う。カメラを用意する間に電源が切れちゃったので、メモリー呼び出しで撮影。^^;

と言うことで、あまり頻繁にやると身体への負担が怖いので、月に一、二度のペースで糖質制限のストレス解消とブログネタの取材を兼ねてこのチャレンジシリーズをやろうかと考えている。

スピンオフサイトにも、もう少し丁寧な言葉遣い(笑)でクロスポストする予定だ。






にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ   ←ブログランキング(常設)への応援よろしくお願いします。










今日の二十四節季 2月4日 立春 (りっしゅん)
「春の気たつを以て也」


今日の七十二候 2月4日 東風解凍
(こちかいとう / はるかぜこおりをとく)




コメント
  • ひなたぼっこねこ
  • 2014/02/04 7:33 AM
身体張ってますねえ、御無事でなにより。
私もさいきん食の誘惑がより強くなって。
寒さに身体が対抗しようとしてるんでしょか、
冬ごもり仕様でアブラがのりきっております。
余計なことは重々承知ですが、
来週末◆に備えて
あまりご無理なさいませんよう(^_−)−☆

 

ひなたぼっこねこさん>
こんにちは。

>身体張ってますねえ、
芸の基本ですから。(笑)

>冬ごもり仕様でアブラがのりきっております。
この季節は本当に要注意ですね。実は秋に太るのは良いんですが、冬になってから、特に当時を過ぎてから太った分は取れにくいお肉になるんですよねぇ・・・食料のない時期に備える機能ならば、冬枯れになってからでは間に合いませんので、秋分〜立冬ぐらいの間に身に付けて冬眠するんですよ。

でも寒いと腹が減って・・・(^^;

>あまりご無理なさいませんよう(^_−)−☆
大丈夫です、誰もくれませんから。orz

 

  • 2014/02/05 3:17 AM
これだけの糖質を摂取して血糖値の変化が一時間後に140。。。すごいじゃないですか。

現代日本で潜在的/無自覚で存在している二型予備軍よりも耐糖能高いんじゃないかな。

>今朝の空腹時
朝方は誰も血糖値は比較的高くなるようですしね。起きて活動する為の準備なんじゃないかなぁ。。と

>原材料に糖アルコールや食物繊維が多く含まれていたのか?
無視しがちですけど、海苔、あと卵(タンパク質)も少しは糖質吸収の抑制になっているかと。

 

气さん>
おはようございます。

>すごいじゃないですか。
おかげさまで。m(_ _)m

>潜在的/無自覚で存在している二型予備軍よりも耐糖能高い
これが一病息災ってヤツかもしれませんねぇ。これで糖尿病歴15年、昨年夏前までは空腹時血糖が300mg/dl近くあったんですから、自分にあった食事療法(ダイエット)ってのがいかに重要かが判ります。

それに糖尿病治療に遅すぎる事ってのもないってことなんでしょう。最悪合併症を発症していても、その段階から糖尿病本体は少し前の状態程度には戻せると言うことを示唆してるんじゃないかと思います。

結局は、糖質制限やカロリー制限、薬物治療を含めて、現在の医療の向いている方向性には微妙な誤りがあるんじゃないかと思います。

>海苔、あと卵(タンパク質)も少しは糖質吸収の抑制になっている
そうですねぇ、実際の効果としては卵や調味料の油は抑制方向に、海苔は繊維としての抑制と同時によく噛むことに繋がりますから、胃の中の滞留時間を短くして、長時間糖質を吸収させ続けない効果もあるかもですね。

 

コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

 

アクセス数

6月のアクセス数: 70,447 
5月のアクセス数: 73,247 
累計アクセス数:2,955,905 
2013年4月1日〜2018年6月30日 


プロフィール


 管 
  

  
 
  スピンオフサイト: 

俺と糖尿病の15年戦争 
2015-09-29更新 



にほんブログ村最新記事

おすすめコンテンツ


カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

最近のコメント 10件


健康向上♪

 送料無料! 

iHerb なんと$40以上の購入で
・アメリカから送料無料!
・購入金額の5%off!!

↑終了日未定早い者勝ち!!↑

このバナーからの初回注文は
最大25%OFF!

表示中のエントリー

カテゴリー一覧

月別記事庫

記事情報

最後に更新した日:2018/07/23

サイト内検索

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM