誤解が誤解を呼ぶ

以前から気にはなっていたんだが、それについて誤解を呼ぶような解釈がネット上で蔓延しているようで、なんだかなぁって思う。

何の話かと言うとお辞儀の話である。

某大手100円ショップに行くと、レジ係のスタッフが必ずチェック前に一礼してくれるのだが、その際手をみぞおちあたりで組んで礼をするのだ。

思い出してみれば旅客機のCAあたりも似たような所作を取ることがあるが、どうも何かのギャグのように見えて好ましくない。こっちの機嫌が悪い時なんかだと、礼を尽くしてくれてると言うよりバカにされてるように感じてしまう時すらあったり。

画像はクリックで別窓拡大する。


伊勢神宮での写真だ。日本人の正しい立礼と言うのはこういうものである。

で、何がネットで蔓延しているかと言うと、手を前で組むのは朝鮮式の礼法だと言うものなのだ。う〜ん・・・確かに朝鮮式の礼法も含めアジアには広くお辞儀の文化があるが、手を前で組んで肘を張ったから朝鮮式ってのはいささか短絡的に過ぎるように思う。

様々なシーンで厚顔無恥な韓国人の日本文化に対する干渉を見ていると、これもまた韓国人の鉄面皮っぷりに原因を求めたくなる気持ちもわからなくはないが、そもそも日本以上に礼儀に対する意識が希薄になってきている韓国から朝鮮式の礼法が流入することはちょっと考えにくい。

朝鮮式の礼法はもちろん中国にその源流があるわけだが、両肘を一直線に張ってその高さより下に顔が来るようにお辞儀するのは、肘のラインを天地の境目とし、中国皇帝はその上にある天の人、家臣はその下にある地の人を表していた。それが簡略化されたのが現在の韓国の礼法だ。共産党のおかげで中国にはもはやこうした礼法は残ってないかもしれない。


だから手を腹の前で組んだお辞儀が韓国式だってのには賛同しかねる。しかし、だからと言ってそのお辞儀が正しいのかと言うととんでもない。完全に間違いなのである。


おそらく日本式のお辞儀(に見える作法)の中でも両手を組む物があるので、それを誤解して現代に応用した輩がいたのだろう。その作法とは神道における叉手(さしゅ)である。

神主さんや巫女さんが手のひらを下腹部の前で組んで、やや前かがみになって立っている姿を見たことがあると思うが、あれがそうである。しかし、あれはお辞儀ではないのだ。

あれは笏や扇を懐に仕舞った状態で敬意を表するときに取る姿勢であり、直立から腰を折って頭を下げ、再び頭を上げるまでの一連の動作を礼とするお辞儀に対して、やや前に傾いた姿勢で静止していることが儀礼となっているのである。

だから手を組んでいるだけで直立していたのでは意味がない。ちょっと試してみてくれ。まっすぐに立って腹の前で手を重ね、手を離さずに肘を伸ばす。すると自然と手は体から前に離れてゆく。そこで、背筋を伸ばしたまま体を前に倒して両手が下腹部に触れるようにすると、自然と礼をした姿勢になるだろう。それが日本の叉手なのだ。

それを誤解して、ひじを伸ばすと体から手が離れるのでひじを曲げて腹の前で手を組み、それを支点に体を折ると言う珍妙なお辞儀が生まれたのだろう。多分中国や韓国でもお辞儀の支点に両手を添えるなんて礼法はないんじゃないかな。w

そんなことでいくら礼儀が廃れた現代と言っても、お辞儀くらいは正しくやってほしいものだと思う。あ、そうそう、CAの場合さらに足を前後にずらして礼をするのを見たことがあるが、あれはもうコントの世界だと思うぞ。

とは言え、敬礼でも陸軍と海軍が異なるように、狭い航空機の中で取らざるを得ない姿勢かもしれないから良しとしておこうか。敬礼が生まれたころ、狭い甲板の上で肘を張る陸軍式の敬礼をすると、一番端っこの水兵を海に突き落とすことになるってんで、脇を締める海軍式の敬礼が生まれたと聞いたことがある・・・真偽のほどは定かではないが。^^;

最後に日本の正しいお辞儀の動画でも紹介しておこう。








にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ   ←ブログランキング(常設)への応援よろしくお願いします。









関連する記事
コメント
  • Yoko
  • 2014/01/28 6:13 PM
こんばんは
今年初めてお邪魔いたします。
今年もよろしくお願いします。
ちょうど先週まさしくその手のお辞儀にエッ!?って強烈な印象を受けたので今日のグログの内容に飛びつきました!
近所に新しくできた大きなドラッグストアーのレジでの事、会計は済み商品を受け取ろうとした時、荷物を手渡すでもない微妙な間があったかと思ったら突然取って付けたような手を胸のあたりに組んだご指摘のそのお辞儀をされ、それがあまりにもその場の雰囲気に合っていなくそのお辞儀の形態にも驚き、スゴグ印象に残りました!
多分新しく配属されたパートの女性だったんだと思います、社員教育で教えられた通りの仕草を慣れないまま形式的にしたんだろうとすぐに察しは付きました。でもこのお辞儀ホントに必要か?って思ってしまうくらい変でした。その方が決して悪いのでありません。
因にその”ありがとうございました”のお辞儀の後、買い物袋は私に手渡されぬままで、私は自分で取って帰ってきました、コンビニのバイトの子でも手渡ししてくれるのになあ〜って思いながら。。。
変なお辞儀より”有り難うございました”の言葉だけの方が自然なのにとも感じました。
おっしゃる通り、正しいお辞儀ができる人少ないですよね。
神社での正式参拝でもなかなか皆さん難しいようです。
日常でも正しい作法は心がけたいものですね、日本人として。
でもそのお辞儀一体誰が考案した新型なんでしょうか?これも変な接客日本語と同種のものなんでしょうか?不思議!

 

Yokoさん>
こんばんは。

>今年もよろしくお願いします。
こちらこそよろしくお願いします。

>お辞儀の後、買い物袋は私に手渡されぬまま
あはははは〜^^; 本末転倒を地で行ってますねぇ。

>神社での正式参拝でもなかなか皆さん難しいようです。
そうですねぇ・・・私も失敗してないか往々にして心配にります。出雲大社からご祭神様を勧請した神社で二礼二拍手した後、「あ、ここは長手だった」なんて思い出してもう二拍手を追加してみたり。^^;みっともない。w

他人さまの所作でやはり気になるのは手水舎の柄杓の扱いかな。かなり多くの人が最後に柄を洗うのをお忘れのように見受けられます。

>正しい作法は心がけたいものですね、日本人として。
諸手を挙げて賛成です。

>でもそのお辞儀一体誰が考案した新型なんでしょうか?
日本文化を破壊しようと言う悪意の輩か、ただの物知らずのどっちかでしょうね。少なくとも恥は知らないようです。(笑)

 

  • Maryam F D
  • 2014/01/31 3:47 PM
手をみぞおちあたりで組んで礼をするのだ。

これは・・・・(°д°)びっくり。
私はイランで結構やります。
それはイランでは男女の間では握手は御法度なんですが、日本人を始め、海外の常識で、初対面のときに
握手を求められることが多々あるんですが、
それの相手のご好意を傷つけないように、
丁重にお断りするときに、手をみぞおちのあたりで組んで、求められた握手をご遠慮します。そして、握手で私に向けられたご好意は、有り難く心でいただきましたから、、、っという気持ちを相手に示したいので
こんな動作になってます・・・・

 

Maryam F Dさん>
こんばんは。

>手をみぞおちのあたりで組んで、求められた握手をご遠慮します。
心がこもっていて、イスラム文化を知らない人への配慮もあり、素晴らしい心遣いだと思います。

面白い事にMaryam F Dさんは日本人ですから、極めて自然に握手と言う行為を拒否するために身体の前で手を組み、相手の好意に報いるために礼をしておられるんじゃないでしょうか。違ったらごめんなさい。

日本人の感覚では手や腕を組む動作って言うのは本来拒否の姿勢なんですよね。それが強固な拒否かやんわりした物かは付随する他の動作で決定づけられます。

ですんで、接客業の人が客を拒否しちゃダメでしょうってことなんですよ。^^;

 

  • ケンZ
  • 2020/05/31 4:48 PM
はじめまして。
よろしくお願いします。

礼法で色々調べていたらこちらにたどり着きました。

叉手の誤用は神主、巫女に限らず皇室の方も間違ておられるように伺えます。

また、女性皇族の方が手提げカバンの様な物を待たれて
両手を添えたまま立礼をしていると、叉手のように見えるのですが、この時も手を放して立礼しなければならないのでしょうか?

 

コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

 


プロフィール


 管 
  

  
 
  スピンオフサイト: 

俺と糖尿病の15年戦争 
2015-09-29更新 



にほんブログ村最新記事

おすすめコンテンツ


カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>


最近のコメント 10件



健康向上♪

 送料無料! 

iHerb なんと$40以上の購入で
・アメリカから送料無料!
・購入金額の5%off!!

↑終了日未定早い者勝ち!!↑

このバナーからの初回注文は
最大25%OFF!

表示中のエントリー

カテゴリー一覧

月別記事庫

記事情報

最後に更新した日:2020/07/03

サイト内検索

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM