珈琲とミルクの関係 後編

と言うことで、昨日と一昨日の二回にわたって紹介したコーヒーに入れるクリーム類の話のまとめと行こうか。

前のエントリはこちら⇒ 前編 中編

総評を行うに当たっては、やはり比較しやすいように一覧表形式をとるのが良いだろう。そして写真やカロリーなどの表示は二種類の量のうち多い方(5g / 5ml / 50ml )を選んだ。

並びの順だが、カロリー順や糖質順でもいいのだろうが、それらは具体的数値を見てもらえば判るので、俺の味見による旨いもの順ということにさせてもらう。

写真は全部クリックで別窓拡大する。
クリーム名カロリー / 糖質量写真原材料名
個別の評価
生クリーム22.0kcal / 1.1g生乳
やはり本物の生クリームが一番旨かった。この写真や栄養評価は5mlを入れた場合だが、かなり濃厚な味わいになるので3mlで十分かもしれない。そうした場合13.2kcal/0.7gと一般のコーヒーフレッシュと大差ない数値になる。
牛乳(50ml)
34.0kcal / 2.5g生乳
次点は牛乳を入れたカフェオレだ。やはり本物のミルク、乳脂肪の旨味はなかなか越えられないもんだと思った。カロリーなどが高めなのはクリーム類の10倍を入れてるからで、量の調節によってカロリーや糖質を抑えることもできるだろうが、そうすれば味が頼りなくなるかもしれない。痛し痒しってところではある。
無糖練乳
7.3kcal / 0.5g生乳
いわゆるエバミルクであるが、今回試したものは純粋に生乳だけから作られたもので、加糖練乳と似た風味がある。物によっては生乳以外の添加物の多いものも少なくないので要注意だ。やはり生乳だけから作られたものの方が風味が生きていると思う。それとクリームなどに比べると薄く感じられるので、多めに入れても良いだろう。カロリーなども少なめだし。
乳製品で作られたクリーミングパウダー
25.0kcal / 3.0g乳製品
乳糖
粉末タイプの一等賞はこれだ。さすがに日本で一番古いだけあって、作りはじめた入口がまがい物ではなくクリームを粉末化すると言うコンセプトであっただけのことはある。原材料は乳製品(脱脂粉乳と乳脂肪)、乳糖だ。生乳には一歩譲るものの、保存性などの便利さを考え合わせるとなかなかにいい出来だと思う。
脱脂粉乳
11.0kcal / 1.6g脱脂粉乳
見てくれも味も舌触りもあんまりよくない。もとが牛乳なので悪い味があるわけではないが、味の面で乳脂肪って大切だよなと思わせてくれる結果になった。カロリーや脂肪を気にする向きにはこれがオススメだとは思うが、上の無糖練乳と言う選択肢もある。
植物性クリーミングパウダー
28.0kcal / 2.8g
コーンシロップ
植物油脂
カゼイン
 (乳由来)
pH調整剤
乳化剤
取り敢えず入れてみたらコーヒーの苦みが和らぐ。とりたてて味も香りもないし、逆に悪い面もそんなに見当たらない。原材料の筆頭が油ではなく糖質だと言うのはちょっと謎だが、逆にそれが味の悪さを出さないポイントなのかもしれないな。
ポーションタイプ
コーヒーフレッシュ
12.0kcal / 0.3g
植物油脂
乳製品
カゼインNa
トレハロース
pH調整剤
乳化剤
香料
安定剤
 (増粘多糖類)
クリームのような外見だが、コーヒーに入れてもクリーム的な効果はほとんどない。別名コーヒーホワイトナーが示す通り白くするだけのものだ。原材料も「何だこりゃ」だし、他の選択肢があるならそっちを優先したほうが良いだろうと思う。カロリーや糖質は少なめだが、それならいっそブラックにしたら全部ゼロで済むと考えたくなる品質だった。
ホイップクリーム
19.0kcal / 0.1g
植物油脂
乳製品
乳化剤
 (大豆由来)
メタリン酸Na
香料
安定剤
 (増粘多糖類)
着色料
 (カロチン)
生クリームと同じような容器で同じような売り場に売られているクリームだ。ぶっちゃけ不味い。舌触りも悪い。おまけにもろもろになる。(笑) 本来は泡立ててケーキなどに使うもので、市販のケーキにもよく使われているが、冷たくして食べると悪い味が判りにくいんだろうな。でも、お菓子にする場合でも本物の生クリームをお勧めしたいと思う。
濃厚豆乳(50ml)
36.0kcal / 0.8g北海道産大豆
 (遺伝子組み
  換えでない)
上の美味しくない植物性クリームとは異なり、これは豆乳自体は大変美味しいのだが、致命的にコーヒーとあわない。これは豆乳のまま頂いたほうが良いと思う。コーヒーと合わせるなら調整豆乳で薄めにした飲みやすいタイプを使うことをお勧めする。つか、豆乳はよしたほうが良い。
ポーションタイプ
脂肪ゼロ
コーヒーフレッシュ
4.4kcal / 0.6g
乳たんぱく
(乳成分を含む)
砂糖
でんぷん分解物
香料
増粘多糖類
乳化剤
pH調整剤
正直言ってこれはもはや飲料であると言う事実を拒否したい。旨いとか不味いとかの評価以前の問題だ。味見と写真撮影の後残ったものはゴミ箱へ直行した。


こんな結果になった。味は好みの部分もあるから万人に納得してもらえるとは思わないが、何か参考になれば幸いだ。






にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ   ←ブログランキング(常設)への応援よろしくお願いします。








今日の七十二候 12月26日 麋角解
(なれしか、つのをとく)


関連する記事
コメント
  • ごまめ5824
  • 2013/12/26 6:17 AM
おはようございます^o^)/

コヒーはドリップ式のコヒーバックで飲んでます。
ミルクを入れるときは評価の低いポーションタイプです。^^;
どちらのタイプか解りませんが嫁さんが買ってくる(毎回同じではありません)のを疑問もなく入れてます。

ん〜、考え改めます。

 

ごまめ5824さん>
こんにちは。

>嫁さんが買ってくる(毎回同じではありません)のを疑問もなく入れてます。
そう言う人が大半だと思います。でも、コーヒーフレッシュをコーヒーに入れるのは、うどんにカプサイシンと食紅を入れて食べるのと同じレベルなんです。

毒ではないでしょうし、赤いし辛いけれど唐辛子ではないですよね。私はコピー食品でも美味しければOKのクチなんですが、これはどうもいただけません。

 

  • xapier
  • 2013/12/26 10:49 AM
こんにちは。

私は牛乳を入れてます。
加工乳でも低脂肪乳でも乳飲料でもないです。
(ってなんか、タイプを言ってからでないとコメントできない感じですね(^^;)

いつも面白い視点に感心させていただいてますが、
今回のテーマもとってもおもしろかったです。

ところで、
私自身でちょっともてあましているテーマがありまして

検証みたいな大それたことは思っていませんが、
「私はこうしてるよ」ぐらいのご意見をゼヒ!お聞かせ願いたいと思いちょっとぶっちゃけてみます。

「マーガリン」です。

一時期「体に悪いよ」みたいなことを言われたのに売り場ではまったくの無風、
バターは塗りにくいし、オリーブオイルと思ってみたものの液体なので量の調節がムズカシイ。
ネットで調べて「体に悪いよ」成分が通常の10分の1くらいという小岩井のマーガリンを使ってました。(ヘルシーじゃない方)

ところが、ここしばらく「コレステロール0」とか「キャノーラ油」とか売り場に風が吹きはじめたんです。

御用とお急ぎのない時で
スーパーの乳製品売り場を見る機会がございましたら
ゼヒ管狸人さんのご意見をお聞かせいただけないでしょうか???

もちろん!!持病をおもちとのことで
「ムチャ言うな!!」ってことかもしれませんので
その時は今年評判の「既読ムシ」もアリですっ(≧▽≦;

長文失礼しましたm(_ _)m

 

xapierさん>
こんにちは。

>御用とお急ぎのない時で
>スーパーの乳製品売り場を見る機会がございましたら
>ゼヒ管狸人さんのご意見をお聞かせいただけないでしょうか???

OKです。つか、日本人の油脂摂取量から考えて、特にファーストフードを食べる機会が多いとか、中食で毎日を過ごしているとかでない限りトランス型不飽和脂肪酸(マーガリンの不健康要素と言われている物です。)の摂取量は問題のないレベルだと思いますよ。

一応WHO勧告で一日の摂取カロリーの1%以内にしましょうねと言うのが出ています。これは体重60〜65キロぐらいの中年男性でデスクワーク中心の人とした場合、マーガリンやショートニングなどを合わせた摂取量およそ20〜25グラムに相当します。

たまには超える日もあるでしょうが、平均すればほとんどの人がそれ以下じゃないでしょうか。

スピンオフサイトでもその話題について書いてますので、よろしければご一読ください。

http://dm.z-plus.net/c21.html

あ、それとコレステロールゼロですが、コレステロールはほとんどが動物の細胞膜に由来するものですので、植物性油にはごく微量しか含まれません。植物ステロイドアルコールはフィトステロールですね。カンペステロールとかブラシカステロールです。

またキャノーラ油ですが、ハイオレックタイプでない限り過剰摂取が炎症や発熱をもたらすω6脂肪酸が多いので、植物性とは言え100%健康的とも言いにくい状況なんですよね。

 

  • 2013/12/26 12:16 PM
コーヒーはスキムミルクとサッカリンが定番です(笑)。時々本物のクリームやハーフアンドハーフを使うと美味しくてびっくりします。

でも植物性クリーミングパウダーも美味しく頂けちゃうので拘りが無いだけかな。

。。。でもクールウィップのような植物系栗イームはコーヒーには絶対使いません!アレは食いもんじゃ無いと思います。

 

气さん>
こんにちは。

>サッカリン
ま、私もスクラロースで強化したエリスリトール使ってますから、人様のことはとやかく言えません。

>スキムミルク
頼りない味になりませんか?まぁ脂肪以外の牛乳の栄養素が摂れるので良いモノなんですけどね。

>ハーフアンドハーフ
あれは良いですよねぇ。日本にはない(少なくとも私の立ち回り先には売ってません)ので・・・。味と乳脂肪分のバランスが最高です。材料はあったんだから、今回自作すればよかったかもしれないですね。

>クールウィップ
>アレは食いもんじゃ無い
ですよね〜。中身もそうですが押し出しボトルに入ってるのを見てひっくり返りそうになりました。目地止めのコーキング材じゃじゃないんだから。(笑)

でもまぁ、日本の植物性ホイップはほぼ同等品と思っていいんじゃないかと思います。

 

  • xapier
  • 2013/12/27 9:23 AM
早速のお返事ありがとうございました。

摂取量かぁ〜(。・д・。)bなるほど。
うちは朝ごはんでちょっとつけてる程度なんで
かなり少ない量についてもやもやしてたことになりますね。
(たしか給食のマーガリンが10gだったと思うので…)

スピンオフの方も訪問させていただきました。
ずばりマーガリンのお話でしたね(^^;
ちゃんとさがしてなくてすいません。

話題になっても売り場は無風だったのに
満を持して出た感じの「あやしげなマーガリン代替え品」
なんとなく論点がごまかされた風でこれまたもやもやしてたんです。

ここに訪問させていただいて
「カロリーオフ」とか「植物性」とか気をつけようと意識は高まってるんですけど
なかなか「発泡酒を作った国」の企業の煙幕にはたちうちできなくて(^^;

不勉強炸裂してますが、これからもよろしくお願いしますm(_ _)m

 

xapierさん>
こんにちは。

>かなり少ない量についてもやもやしてたことになりますね。
皆さん意外と「何が含まれているか」には敏感なのに「どのくらい含まれているか」には目が行かないようです。このあたりがいろいろあくどい事をたくらむ連中のつけ入るすきになってたりするんですよね。

>なんとなく論点がごまかされた風
まぁ、あちらさんも商売ですからね。「ウソ『は』ついてない。」と言う状況でうまく泳いでおられます。(笑)

>「発泡酒を作った国」の企業の煙幕にはたちうちできなくて(^^;
あはは。あれって、ある意味庶民の味方なんですよ。庶民をだますのが目的と言うより酒税法の隙を突いて安価な商品を供給しようとする努力の一環ですから。

発泡酒は日本でこそ「まがい物扱い」ですが、外国に行けば普通にビールとして売ることのできる商品が多いですからね。


それと余計なおせっかいだとは思いますが・・・
>「あやしげなマーガリン代替え品」
代替品は「だいたいひん」で変換できますよ。

 

コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

 


プロフィール


 管 
  

  
 
  スピンオフサイト: 

俺と糖尿病の15年戦争 
2015-09-29更新 



にほんブログ村最新記事

おすすめコンテンツ


カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>


最近のコメント 10件



健康向上♪

 送料無料! 

iHerb なんと$40以上の購入で
・アメリカから送料無料!
・購入金額の5%off!!

↑終了日未定早い者勝ち!!↑

このバナーからの初回注文は
最大25%OFF!

表示中のエントリー

カテゴリー一覧

月別記事庫

記事情報

最後に更新した日:2019/07/17

サイト内検索

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM