伏見稲荷大社 前編


さて、なんとなく好評っぽいので調子に乗って、有名神社へ出かけてきた。

伏見稲荷大社、全国にあるお稲荷さん3万社の総本宮である。

これが表参道入口の前にある石碑。
 
写真は全部クリックで別窓拡大する。


石碑の横にはお稲荷さんのお使い、お狐さまが・・・




普通、お稲荷さんのお狐さまは狛犬のように鎮座されているが、これは・・・

ずいぶんファンキーじゃないか。w




大きな地図で見る





伏見稲荷大社の真正面、通りを挟んだ向かい側にJR稲荷駅がある。

カラーリングがすでにお稲荷さん。w




これが一の鳥居




一の鳥居をくぐって表参道を進むと、左手に摂社がある。





これは二の鳥居。向こう側は楼門だ。




一方、こっちは京阪電車伏見稲荷駅
こっちもしっかりお稲荷さんカラー。w
JRほど真正面と言うわけではないが、神社から歩いて五分ほどのところにある。




京阪電車の駅からお稲荷さんへ向かうのは、表参道ではなく
神幸道
と呼ばれる参道で、こちらは両側にお店が並ぶにぎやかなところである。

まだ、朝が早かったのでお店は開いていないが。




神幸道を進むと、お店が切れるあたりに石鳥居がある。




そこにはこんな石碑が。

気付いただろうか。表参道の正面入り口と、神幸道の入り口の鳥居の下にも
伏見稲荷大社
と書いた石碑が立っていたが、ここのは
官幣大社 稲荷神社
である。


稲荷神社の旧社格は、官幣大社であり、式内社であり、二十二社のうち上七社の一つであった。簡単に言えば、神社の中でのトップクラスであったという事だ。

戦前までの国家神道の中では、大社を名乗れるのは出雲大社だけであったので、稲荷神社と言う名称だったというわけだ。

で、意外なことに現在の伏見稲荷大社全国の神社を統べる神社本庁の管轄下にはなく単立の宗教法人なのである。

神社本庁の下にはおよそ8万社の神社があるが、伏見稲荷を総本宮とする全国の稲荷神社は3万社とも4万社ともいうから、かなりのスケールだよな。


そう書くと、お稲荷さんは他の神社と仲が悪いみたいだが、そんなことは全くない。単に戦後のGHQによる国家神道解体と宗教法人法の施行の際に別法人になったと言うだけで、きわめて良好な関係だそうだ。

それが証拠にお稲荷さんでお札を頂くときに祀り方を聞いたら、ちゃんと「お伊勢さんのお札を真中に、氏神様のは向かって右に、そしてお稲荷さんのは他の神社のお札と一緒に向かって左に」と教えてくれた。




神幸道をさらに進むと、先に楼門が見えてくる。
右下は手水舎だ。

道はここで表参道と合流する。



表参道の方へ回り込んで楼門を見上げたところ。





楼門の下には狛犬さんスタイルのお狐さまが座っていた。
向かって左、狛犬さんなら吽形にあたるお狐さまはをくわえている。お狐さまのくわえるアイテムの中でも最も一般的と言っていいかもだな。



こちらは向かって右、狛犬さんなら阿形が座る場所だが、こちらはをくわえている。



楼門を抜けると真正面に外拝殿舞殿でもあるようだ。
今はお供え物がいっぱい。




伏見稲荷大社は先の述べたように神社本庁とは別の宗教法人だし、いわゆる勅祭社でもないのだが、内廷や宮家から幣帛や幣饌が奉納されている。ある意味これもすごいことだと言えるだろう。

皇太子殿下の御奉納札がない事が気になった人もいるのではないだろうか。

皇太子殿下は内廷の方で、なおかつ天皇に即位されない限り内廷皇族(内廷の方の内、天皇陛下以外の方)の身分を離れられることはない。したがって天皇陛下が幣帛を奉納されている以上、何らかの特殊な事情がない限り皇太子殿下のお名前で幣饌を奉納されることはない

宮家の方々は既に内廷を離れられた方なのだ。だから宮家の当主の名前(=○○宮)で奉納される。

勘違いされがちだがたとえば秋篠宮と言えば、現在は文仁親王殿下だけを指すのであって、正式には妃殿下や内親王殿下、親王殿下は秋篠宮を構成される方々だが、直接秋篠宮と言う宮号は使わない。宮号は下々の名字とは異なるものなのだ。

秋篠宮文仁殿下の妃殿下とか、秋篠宮文仁殿下のお子様である悠仁親王殿下と言うのが正しい使い方だ。

したがって、秋篠宮と書いてあれば秋篠宮を構成する人たち、ご本人以下、紀子妃殿下・悠仁親王殿下・眞子内親王殿下・佳子内親王殿下の五人の方々を代表して文仁殿下が奉納したと言う意味なのである。

同様に天皇陛下と書いてあれば、それは内廷の皇后陛下・皇太子殿下・皇太子妃殿下・敬宮愛子内親王殿下を代表して天皇陛下が奉納したと言う意味なのだ。


東宮は皇太子殿下の別名に近い意味も持つが、本来は皇太子殿下の住まう場所と言う意味で、これはたとえば弟君の秋篠宮のような宮家の名前とは全く異なるものである。

また、皇太子殿下には浩宮と言う御称号もあるが、これもまた宮家の名前とは関係のない、いわゆる幼名に近いものなのだ。


三笠宮殿下のご長男であらせられた寛仁親王殿下は、いずれ三笠宮を嗣がれるであろうという見込みからか、結局今年の夏前に薨去されるまで宮家を立てられなかったが、ご結婚されているので三笠宮殿下(寛仁親王殿下の父君)とは別の奉納をされているのである。

以上のようなことから、特殊な事情がある場合を除いて皇太子殿下の奉納の札を我々下々の者が目にすることはない。

これは勅祭社でも同じことが言えるのだ。


さて、お稲荷さんは大きな神社なので、本殿に到達する前に息切れしてきた。という事で続きはまた明日






にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ   ←ブログランキング(常設)への応援よろしくお願いします。







コメント
まるでディズニー映画のような
最初の黒いきつねさんに目が釘づけ。
京阪の駅も素敵ですねえ。もう無くなったんですよね「テレビカー」(淀屋橋発の特急にあったやつ)

わが県には「太鼓谷稲成神社」というのがありまする。「稲荷」じゃなくて「稲成」
たしか日本三大稲荷のひとつですが、田舎すぎるために
そんなにきらびやかではございません。
(でも素敵な風情があり大好きです)

 

  • beautyhelp
  • 2012/10/07 7:24 PM
こんばんは!
私もこのシリーズ楽しみにして折りますよ。
夏に梅棹忠男さんかな?古事記の本を
買いました。
へばっていたので最初の方しか読んで
いませんが。
漫画は繰り返し読む癖にw

文学部出身でも歴史好きでも
知らない事は多いです。
内廷も知らなかったです。
統べるも漢字の指導で覚えたんです(笑)

まあ、5文型把握せずに大学も
英検2級も受かった本筋を押さえずに
脇道歩んでいる人間だから当然ですね(爆)

とまれ、京都と歴史の蘊蓄は
楽しいです!

思い出しました。
ファンキーなお狐さまプーマのマークみたい
ですが、加えているのは何でしょうか?

 

  • 夢猫
  • 2012/10/07 10:46 PM
こんばんは!
突然ブログが消えててビックリしました…毎日楽しみにしてたんですよ〜

超アナログ人間で検索もへたっぴで
今日やっとこちらにたどり着きました〜

伏見稲荷は大好きな神社です
行ったような気分になりました〜ありがとうございます!

また、お邪魔させて頂きますね!



 

  • ひなたぼっこねこ
  • 2012/10/07 10:57 PM
相変わらずぎっちりの内容で勉強になります。
お狐さま、厳しいお顔もすてき。
こちらに触発されてか、導かれるように
お詣りした神社の記事を書きましたので
よろしかったら
お時間のある時にでもご感想お聞かせくださいませ。
色気話にしようと思ったのですがやはり力量不足、
木花咲耶姫と磐長姫のご登場は無理でした^^;。


 

細魚さん>
こんばんは。

>黒いきつねさん
黒も白も、狐色でないものは「人の目には見えないお姿」を表現しているそうです。ちなみに赤は食べると美味しいそうです・・・緑の狸とセットで。w

>稲成
珍しいですよねぇ。でも「いなり」って自然に読めます。

>もう無くなったんですよね「テレビカー」
まだ1編成だけ残っていたような・・・もうすぐ消えると思いますが。

 

beautyhelpさん>
こんばんは。

>このシリーズ楽しみ
ありがとうございます。

>内廷も知らなかったです。
意外と知られてない言葉なんですよねぇ。

>加えているのは何
へちま(笑)に見えなくもないですが、シンボライズした稲穂です。

 

夢猫さん>
こんばんは。

>突然ブログが消えてて
すみません。楽天に嫌われちゃったんですよ。(笑)

>伏見稲荷は大好きな神社です
明日続きを書きますので、読みに来て下さいね。

>また、お邪魔させて頂きますね!
是非お越し下さい。

 

ひなたぼっこねこさん>
こんばんは。

>お狐さま、厳しいお顔もすてき。
はい。お狐さまは威厳のある顔が似合いますよね。お狸さまは愛嬌で勝負しますが。w

>お詣りした神社の記事
読ませていただきました。コメントにオチを付けたがるのは関西人のサガだと思ってご容赦を。w

>木花咲耶姫と磐長姫
大山祇の娘神姉妹ですね。え〜っと・・・あの神社から話を展開するのはちょっと難しいんじゃないでしょうか。^^;;;

 

コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

 

アクセス数

7月のアクセス数: 72,798 
6月のアクセス数: 70,447 
累計アクセス数:3,028,703 
2013年4月1日〜2018年7月31日 


プロフィール


 管 
  

  
 
  スピンオフサイト: 

俺と糖尿病の15年戦争 
2015-09-29更新 



にほんブログ村最新記事

おすすめコンテンツ


カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

最近のコメント 10件


健康向上♪

 送料無料! 

iHerb なんと$40以上の購入で
・アメリカから送料無料!
・購入金額の5%off!!

↑終了日未定早い者勝ち!!↑

このバナーからの初回注文は
最大25%OFF!

表示中のエントリー

カテゴリー一覧

月別記事庫

記事情報

最後に更新した日:2018/08/19

サイト内検索

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM