田中神社(京都市伏見区)

今日も田中神社である。ただし、昨日の田中神社とは全く関係がない。

もともとこの地より数百メートル北西の鴨川と桂川が合流する地点辺りにあった田中庄に祀られたことから田中神社の名がある。この神社の創建数十年後に白河上皇の鳥羽離宮・田中院が建てられたあたりになるのだが、16世紀終わりごろに起こった大洪水で社殿が丸ごと流され、現在地に無傷のまま漂着したのが現在地における祭祀の始まりと伝えられている。

先般紹介した羽束師坐高御産日神社も同じ地点での桂川の氾濫がおこった際に、水害に逢わなかったと言うご神威が帝を驚かせたと言う逸話があったが、この神社はそのおよそ千年後に同じ地点で起こった大洪水が今度は川の反対側へと溢れてこの神社を移動させてしまったらしい。

そして、さらにそのおよそ450年後に起こった洪水が先日の台風18号での越流氾濫なのだ。嵐山渡月橋での洪水ばかりがクローズアップされたが、数キロ下流のこの地点でも川の洪水は発生していた。

画像は全部クリックで別窓拡大する。


一の鳥居と参道。割合にぎやかな街の中にある。




正面二の鳥居。奥に見える建物がご本殿を囲む瑞垣である。

上で紹介したこの地への漂流とご鎮座の故事によるものなのか、一般によくある別棟の拝殿はこの神社にはない。




手水舎。






瑞垣の神門前には狛犬さん






賽銭箱の両脇には馬の木像。

なんでも境内にあった楠の大木を切った折に、その材を用いて彫ったものだそうだ。白馬は牡馬、黒馬は雌馬だと言う。

…クスノキじゃなくてナギの神木を切って彫った精霊の木像…いや、なんでもない。w

閑話休題。

この神社はこの地の産土神さまとして信仰を集めてきたのだが、なぜか馬のご利益が謳われている。それがいつごろからなのか、なぜ馬なのかはわからない。

この神社の南2~3kmのところには京都競馬場があるのだが、それと関係があるのかどうかも定かではないが、少なくとも競馬ファンたちのお参りスポットになっているのは確かなようだ。




社殿正面には素盞烏牛頭天王(すさのうごずてんのう)の扁額が掛かっている。




ご本殿正面。階下には狛犬さんが、階上には隋神さまが控えておられる。




ご祭神は上の扁額にもあったように

素戔嗚尊 さま
すさのおのみこと

上の扁額では神仏習合時代に使われたお名前でお祀りされているようだ。

もともと牛頭天王は祇園神であり、京都四条の八坂神社の主祭神さまなので、そこから勧請された当社の主祭神さまがそのお名前を使われることに不思議はないのだが、明治の廃仏毀釈にもかかわらず、習合名を使われているのは注目すべき点だろうな。

さらに八坂神社からの勧請ということもあって、素戔嗚尊さまの奥方である

奇稲田姫命 さま
くしなだひめのみこと


と、お二方のお子様である

八柱御子神 さまがた
やはしらのみこがみ


をお祀りしている。




境内社・北向虫八幡宮

この田中神社自体も先に述べたように川の合流地点にあったのだが、その田中庄は二川の間に位置していた。一方川の合流点の東側(現在の神社のある側)にあった草津湊あたりに祀られていた神社がこの北向虫八幡宮である。

明治の初年にこの神社の境内に遷座されてきたということだが、田中神社は11世紀後半に祇園・八坂神社からご祭神さまを勧請して創建されたのに対して、10世紀半ばにお生まれになった冷泉天皇が御幼少のみぎり、疳の虫が酷かったのを母君がこの神社にお参りしたところたちどころに平癒したと言う伝承があることから、現在は境内社とは言え、この北向虫八幡宮のほうが歴史のある神社のようだ。




半分地中に埋もれかかっているが社号標。

よく見ると北向兒八幡宮の文字が見て取れる。

冷泉天皇の話から虫八幡宮の名に違和感はないが、現在でも子供の守り神とされる三宅八幡宮と同じようによだれ掛けに祈願を書いて奉納する習わしがあることから見て、本当はじゃなく(児の旧字)が正しいんじゃないかと思ったり。




末社・雲水社

ご祭神は市杵嶋姫命(いちきしまひめのみこと)さま。




末社・道祖社(向かって左)

ご祭神は猿田彦命(さるたひこのみこと)さま

末社・天満宮社(向かって右)

ご祭神は菅原道真(すがわらみちざね)公




末社・草薙社

ご祭神は左殿(向かって右)が草薙剣(くさなぎのつるぎ)、右殿が八俣遠呂智霊(やまたのおろちのれい)

である。遺体と遺品って感じで何ともビミョ〜




七福神さまの石碑。




伊勢神宮遥拝所。








この神社には先に馬の像で述べたように樟の大木が多いのだが、それだけではなくいわゆる相生の木(あいおいのき)が多いのも特徴だと思う。

相生の木は木が小さいうちに二本に分かれたものが、どちらが主幹とも言うことなく共に育っていったもので相老いに通じる縁起の良いものとして貴ばれてている。

二枚目の写真は隣接した二本の木にも見えるが、このサイズの木がこれだけ隣接しているということは地中では一本だと考えて差し支えないだろう。






にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ   ←ブログランキング(常設)への応援よろしくお願いします。








今日の七十二候 10月18日 蟋蟀
(きりぎりす とにあり)



コメント
  • 2013/10/18 11:23 AM
>大洪水で社殿が丸ごと流され、現在地に無傷のまま漂着
そろそろ景色にも飽きたから移動しょっか、と(笑)。

>先日の台風18号での越流氾濫
人の都合なんか無し。自然サイクルから考えれば450年前もさらにその1000年前も昨日のようなモノなのかもしれませんねぇ。

>南2~3kmのところには京都競馬場がある
良いマーケットリサーチをされた方が居たという事でしょうか(笑)。

>ナギの神木を切って彫った精霊の木像
それなりに面白い作品だと思いましたが。。アニメしか見てないのでなんとも。原作は良いのかな。。

>伊勢神宮遥拝所
伊勢系通神ネットワーク拡大中(笑)。

 

气さん>
こんにちは。

>そろそろ景色にも飽きたから移動しょっか、と(笑)。
自然現象に見せかけるところが奥床しくて良いです。社殿から足が生えて「よっこらしょ」なんてなったら怪獣映画ですからね。(笑)

>自然サイクルから考えれば450年前もさらにその1000年前も
>昨日のようなモノなのかもしれませんねぇ。
その通りだと思います。何かと言うと異常気象だなんだと騒ぎますが、恐らくは誤差の範囲だと思いますしね。

地球が生まれて45億4千万年、現生人類の歴史は20万年。地球の歴史を一日とすると人類の歴史はたった4秒弱です。

地球の周長は4万キロ、人間の身長は言いトコ2メートル。地球が人間の大きさだったとしたら人間のサイズはインフルエンザウィルスより小さくてノロウィルス並になっちゃいます。

小さくても爆発的に増えて大きな宿主を害すると言う意味ではよく似てるかもですね。w

>良いマーケットリサーチ
ですねぇ。さもありなんです。

>アニメしか見てない
私もです。

>伊勢系通神ネットワーク
あはははは。ホライゾンですか。

 

コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

 


プロフィール


 管 
  

  
 
  スピンオフサイト: 

俺と糖尿病の15年戦争 
2015-09-29更新 



にほんブログ村最新記事

おすすめコンテンツ


カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>


最近のコメント 10件



健康向上♪

 送料無料! 

iHerb なんと$40以上の購入で
・アメリカから送料無料!
・購入金額の5%off!!

↑終了日未定早い者勝ち!!↑

このバナーからの初回注文は
最大25%OFF!

表示中のエントリー

カテゴリー一覧

月別記事庫

記事情報

最後に更新した日:2019/04/20

サイト内検索

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM