バイオミメティクス

バイオミミクリと言う言葉がある。まだ専門分野で使われ始めて15年ぐらいの言葉なのであんまり一般的ではないが、技術用語から今後は普通の話題に上ることも増えるだろう。

英語で書くとBiomimicry. 余計に判りにくいかな。

ちょいと分解してみると、Bio-mimic-ry だ。


Bio(バイオ)は生物を表わすプレフィックス、ryは行為を表わすサフィックスである。でもって語幹のmimic(ミミック)は、ドラクエなどのゲームで宝箱のマネをしているモンスターとしてお馴染みだろう、模倣と言う意味の言葉だ。

と言う事でバイオミミクリとは生物を模倣して高機能なモノを作る行為、すなわち生物模倣のことである。そしてその技術の事をバイオミメティクス(biomimetics)と呼ぶこともある。



有名どころではカワセミのくちばしを模した500系新幹線とか、犬の毛にくっついたオナモミを模したマジックテープなどがある。その他、ちょっと調べればかなりの数の製品が生き物のマネから生まれたことが判るだろう。

で、今日の写真。ネットで貰って来たものばかりだ。

画像はクリックで別窓拡大する。


もうすっかり有名になったアメリカ空軍のステルス戦略爆撃機・B-2スピリット、同じ重さの金と同価格と言われるほど高価な兵器だ。

ただ、この飛行機が何の生物を模したのか、あんまり想像がつかない。




一方こっちは はやぶさ

獰猛で精悍でありながらちょっと可愛い猛禽類だ。英語のファルコンと言う名前はもう日本語化しているかもな。

はやぶさと言えば、イオンエンジンで小惑星イトカワまで往復した小惑星探査機、JAXA/MUSES-Cが一番に思い浮かぶが、古くは帝国陸軍の中島キ43一式戦闘機「隼」とか、60年代に登場したフランスのビジネスジェット「ダッソー・フォーコン」、80年代ごろから現在に至るまで現役のアメリカの戦闘攻撃機「ロッキード・マーチン F-16ファイティング・ファルコン」など、その獰猛さと精悍さからいろいろな飛行機の名前になっている。ただ、鳥のはやぶさは獲物を仕留めるのに400km/h近い速度の急降下をやるのに対して、運動性重視の戦闘機、一式戦「隼」で急降下爆撃をやろうとすると引き起こしで機体が分解するとか。^^;


しかし、名前だけではバイオミミクリとは言わない。単なるイメージ戦略である。しかも、はやぶさとB-2スピリットはあんまり似てないよな。


でも水平飛行に移ると、



いや・・・・確かに似てる。でも、これはバイオミミクリじゃなくて他人の空似のような気もしないでもない。

ただ、こうして見てみると、制御系がしっかりしていれば垂直尾翼って不要だったんだなと納得させられる構図ではある。

はやぶさの初列風切羽(人間の手で言えば指部分)が軽く上に反っているのが見えるが、これも垂直尾翼代わりではなく、飛行機で言うと旅客機の主翼端が曲がった構造:ウィングレットの働きをしている状態だそうだ。

人間の造ったウィングレットと異なるのは、必要に応じてプロペラにも主翼にもフラップにも変化する優れモノだと言う事だ。まだまだ自然の造形には勝てそうにないと思う。






にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ   ←ブログランキング(常設)への応援よろしくお願いします。









関連する記事
コメント
  • mamatam
  • 2013/07/25 9:27 AM
全体はほとんど理解できませんでしたが、(すみません、
知識も関心もなく)でも、最後のくだりは、納得、
賛成、拍手でした。

 

mamatamさん>
こんにちは。

>全体はほとんど理解できませんでしたが、
ありゃ・・・すみません、難解な話で。m(_ _;)m

 

昨日はチラッと見ただけで中盤を
読み飛ばしていたので内容が
良くわからなかったのですが
読んだら、ああそう言うヤツか
とわかりました。
爬虫類とか昆虫が壁面も登れる構造を
真似たものとか、有りますよね?

何年か前にネプ理科と言うテレビ番組でも
色々紹介されていました。
番組の本も持っていますが
教室荷物でどこに有るかわからない(^_^;)

今はわかりませんが番組で紹介された
モスキート音が当時は聞こえました。
これ前も書き込みした様な?
実際、当時教室の奥にいても生徒が
講師と話している事が聞こえて
把握していたので地獄耳と言われました。
本来の意味とちと違う(笑)

 

beautyhelpさん>
こんにちは。

>爬虫類とか昆虫が壁面も登れる構造を真似たものとか、有りますよね?
基本的には「接着剤」は全部そうです。でも、貼ったり剥がしたりが何度でもできると言うものはバイオミメティクスで、カーボンナノチューブを使って日本の企業が開発したはずだと思います。

>地獄耳と言われました。本来の意味とちと違う(笑)
ではデビルイヤーとお呼びしましょう。(笑)

 




デビルイヤーは地獄耳
デビルカッター?は???
(敵を切り?)
デビルウイングは空を飛び
デビルビームは熱光線
あーくまの力身につーけたー♪

うーん、思い出せません!?(・_・;?
添削指導を宜しくm(_ _)m

 

beautyhelpさん>
こんばんは。

>添削指導を宜しくm(_ _)m
一番の歌詞ですね。
あれは誰だ、誰だ、誰だ。
あれはデビル、デビルマン、デビルマン。
裏切り者の名を受けて、全てを捨てて闘う男。
デビルアローは超音波
デビルイヤーは地獄耳
デビルウィングは空を飛び
デビルビームは熱光線
悪魔の力身に付けた、正義のヒーロー
デビルマン、デビルマン。


 

コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

 


プロフィール


 管 
  

  
 
  スピンオフサイト: 

俺と糖尿病の15年戦争 
2015-09-29更新 



にほんブログ村最新記事

おすすめコンテンツ


カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>


最近のコメント 10件



健康向上♪

 送料無料! 

iHerb なんと$40以上の購入で
・アメリカから送料無料!
・購入金額の5%off!!

↑終了日未定早い者勝ち!!↑

このバナーからの初回注文は
最大25%OFF!

表示中のエントリー

カテゴリー一覧

月別記事庫

記事情報

最後に更新した日:2020/07/03

サイト内検索

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM