葵祭

西暦567年から続くと言われる賀茂大社の例祭、賀茂祭(通称:葵祭)の路頭の儀が、今年は新型コロナウイルス感染症の蔓延によって中止になってしまった。本来5月15日に行われるものだから、今日はかつて撮った写真を載せて気分を味わいたい。撮影は2012年、御所から下鴨神社へ向かう途中である。

 

画像はクリックで別窓拡大する。

 
先導の京都府警・平安騎馬隊。
 

 
乗尻(のりじり):公式の先導隊。
 

 
検非違使志(けびいしのさかん)とその下役。

 

 
検非違使尉(けびいしのじょう)とその下役。

 

 
検非違使尉の鉾持ち。

 

 
山城使(やましろのつかい):国司庁の次官。(ここまで第一列)
 

 
御幣櫃(ごへいびつ):御所から神社に届けるお供え物が入っている

 

 
内蔵寮史生(くらりょうししょう):お供え物担当の役人

 

 
走馬(そうめ)。
 

 
走馬。
 

 
走馬。
 

 
馬寮使 (めりょうのつかい):走馬の担当者

 

 
牛車。
 

 
牛車。
 

 
牛車。

 

 
交代要員の牛。(ここまで第二列)

 

 
和琴「河霧」。

 

 
舞人。
 

 
勅使:本当は、行列中最も位の高いこの人が葵祭の主役である。

 

 
勅使随臣:黄色いのはしっぽではなく太刀の鞘である。

 

 
牽馬:勅使の帰りの足。
 

 
風流傘:毎年新しいものが用いられる。(ここまで第三列)
 

 
陪従(べいじゅう):楽器担当の武官

 

 
陪従の服の柄:葵祭特有の柄で、動物モチーフが用いられる。 

 

 
陪従の服の柄。 
 

 
陪従の服の柄。 
 

 
小舎人童(こどねりわらわ):雑用係の少年。

 

 
内蔵使(くらのつかい):奏上文を運ぶ係
 

 
風流傘。第四列ここまで、主列ここまで。
 

 
命婦(みょうぶ):一般女官。
 

 
女嬬(にょじゅ):食事担当の女官。
 

 
腰輿(およよ):斎王代の乗り物。
 

 
斎王代(さいおうだい):事実上、この祭の主役。
 

 
騎女(むなのりおんな):斎王代に付き従い、神事を司る巫女(みかんこ)。
 

 
蔵人所陪従(雅楽担当の文官)とその楽器。
 

 
采女(うねめ):各地の豪族から献上された美女で、日常の雑役をこなしていた。
 

 
女房車:斎王の牛車。(ここまで斎王代列)
 

 
ゴミ回収担当のスタッフ
 

 

来年には新型コロナも収まって、路頭の儀が復活してくれることを祈りたい。今年は7月の祇園祭の山鉾巡行も中止になったしな。

 

 


 



にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ   ←応援ぽち、よろしくお願いします。m(_ _)m
 

 


 


コメント
●5/16 ぽち×2、完了しました ^^^)/

 

いわどんさん>ありがとうございます。

 

コメントする








   

 


プロフィール


 管 
  

  
 
  スピンオフサイト: 

俺と糖尿病の15年戦争 
2015-09-29更新 



にほんブログ村最新記事

おすすめコンテンツ


カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>


最近のコメント 10件



健康向上♪

 送料無料! 

iHerb なんと$40以上の購入で
・アメリカから送料無料!
・購入金額の5%off!!

↑終了日未定早い者勝ち!!↑

このバナーからの初回注文は
最大25%OFF!

表示中のエントリー

カテゴリー一覧

月別記事庫

記事情報

最後に更新した日:2020/10/23

サイト内検索

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM